ページの先頭です
メニューの終端です。

中道地域で「障がい者の見守り活動」を考えるワークショップを開催しました

2018年12月27日

ページ番号:345779

「障がい者の見守り活動」を考えるワークショップを開催しました

去る2月26日、中道地域において「障がい者の見守り活動」をテーマに取り上げ、障がい者理解を深めるとともに見守り活動の充実を図るため、専門家を交えたワークショップを行いました。

当日は、地区の民生委員や町会長、女性部長の方々約20名が参加されました。まずはじめに、大阪教育大学の新崎先生に「障がい者等の見守り活動の意義」をテーマにお話を伺いました。お話では、「公助・共助・近助・自助の連携の大切さ」「地域と専門職の連携の必要性」など、地域福祉や見守り活動についての基本的な考え方について詳しくご説明いただきました。

続いて、この日ワークショップにご参画いただいた社会福祉法人大阪市手をつなぐ育成会の東成育成園のスタッフの方から、知的障がいについてのお話を伺いました。知的障がいをお持ちの方の特性や当事者が望む支援などについて、日々の経験を基にした貴重なアドバイスをいただきました。

さらに、最後の意見交換では日常生活や見守り活動時における具体的な対応について意見が交わされました。その中で、「高齢者の見守り」と「障がい者の見守り」の相違点などについても先生からアドバイスがあるなど、今後の活動につながる有意義な内容となりました。


        ワークショップの様子


ワークショップの様子

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 保健福祉課介護保険・高齢者福祉

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所2階)

電話:06-6977-9859

ファックス:06-6972-2781

メール送信フォーム