ページの先頭です
メニューの終端です。

東成区民の3割は「区外の人」? (平成29年8月)

2017年8月1日

ページ番号:410124

 東成区に仕事などのため区外から来る人がどのくらいいるか、ご存知ですか?東成区では毎日、約2万5千人が区内に入ってきます。逆にほぼ同数が区外に出ていきます。これは人口の約3割に上ります。つまり「東成区の住民の3割は昼と夜で入れ替わっている」ということになります。

 東成区には大規模な学校等がなく、区内に入ってくる人のほとんどは工場や商店などにお勤めの方です。この方々のノウハウやリソースをまちの活性化や防災・防犯に活かせないでしょうか。メーカーの技術者さんとのコラボによる理科実験、社員さんによる地域の環境整備など、他の自治体での先例も参考になります。また、戦前から地元に根付く老舗企業さん、近隣にお住いの方を多く雇われている企業さんも多いでしょう。こういった企業さんはまさに「企業区民」と言えると思います。

 東成区における企業さんとの連携としては、すでに「災害時協力企業等登録制度」や「わが町工場見てみ隊」などの取組みが行われています。7月12日(水)に行われた今年度第1回「区政会議」でも検討されたように、「企業区民」の皆さんが様々な局面で活躍いただけるよう、議論を深めていきます。


「わが町工場見てみ隊」で技術者の方の説明を真剣に聞くひがしなりの子どもたち


「第13回 わが町工場見てみ隊」の様子はFacebookから

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム