ページの先頭です
メニューの終端です。

在宅医療・介護と「地域包括ケアシステム」

2018年2月1日

ページ番号:432123

 東成区にはたくさんのアクティブなご高齢の方がいらっしゃいます。私もお会いするたびに元気をいただいていますが、高齢になると誰しも体力、体調におぼつかないところが出てくるのも事実です。

 内閣府の「高齢社会白書」によれば、約55%の方が住み慣れたご自宅で最期を迎えたい、との希望をお持ちです。東成区は、このようなニーズへの対応として、在宅医療・介護にかかわる専門職の方と地域の皆さんの包括的なサポートにより、「地域包括ケアシステム」を構築し、ご自宅での穏やかな暮らしを実現できるような体制づくりをめざしています。

 技術の進歩により、最近はご自宅で使える医療機器がたくさんあります。また、東成区では健康づくりのための「百歳体操」などの地域活動や、地域の皆さんやボランティアさんとのつながりの中で高齢者の方を見守る「おまもりネット」や「食事サービス」なども実施されています。

 「くらし」の質の向上、QOL(Quality of Life)について、区としてしっかりと考えていきたいと思います。


東中本地区の「食事サービス」ボランティアさん、いつもありがとうございます。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム