ページの先頭です
メニューの終端です。

地域・企業の皆さんによる「プログラミング教育」の試み

2018年3月1日

ページ番号:432126

 昨年公表された小学校の新「学習指導要領」では、「プログラミング教育」の実施がうたわれています。同要領ではあわせて、「(実施に当たっては)地域の人々や民間企業等と連携し協力を得ることが特に有効」とされており、東成区はこの指針に沿って、地域の企業‐学校‐行政の連携を推進しています。

 先日、片江地区の株式会社光製作所さんと片江小学校が連携し、科学部の生徒たちが「プログラミング体験学習」を行いました。光製作所さんは照明器具などの精密板金加工を行う会社です。同社の技術者が使うタレットパンチプレスという機械をプログラムによって操作し、金属を切り抜きます。相当な緊張感の中、生徒の代表が機械を操作。「コンピューターは思ったとおりには動かない、プログラミングしたとおりに動く」というプログラミングの神髄に触れてもらえたと思います。 

 これからも企業さんの地元貢献の動きを支援していきたいと考えています。


別ウィンドウで開く

Facebookでも詳しく紹介しています。


光製作所のスタッフの皆さん、ありがとうございました。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム