ページの先頭です
メニューの終端です。

平成31年度地域課題解決型広報紙「ひがしなりだより」配布業務委託契約に係る公募型プロポーザルの選定結果について

2018年12月28日

ページ番号:455934

1 案件名称

平成31年度地域課題解決型広報紙「ひがしなりだより」配布業務委託

契約期間 平成31年4月1日から平成32年3月31日まで

2 選定した事業者

<東小橋小学校区>  東小橋地域活動協議会

<大成小学校区>  株式会社ラパンプラス

<今里小学校区>  今里まちづくり活動協議会

<中道小学校区>  中道地域活動協議会

<北中道小学校区>  北中道地域活動協議会

<中本小学校区>  中本地域活動協議会

<東中本小学校区>  株式会社ラパンプラス

<神路小学校区>  株式会社ラパンプラス

<深江小学校区>  深江ことぶき会

<片江小学校区>  株式会社ラパンプラス

<宝栄小学校区>  株式会社ラパンプラス

3 公募期間

平成30年11月5日から平成30年11月19日

4 選定委員・審査の概要

(1)選定委員(順不同・敬称略)

  • 畑 智惠美(四天王寺大学人文社会学部准教授)
  • 七森 啓太(中小企業診断士)
  • 秋岡 安(税理士)

(2)選定会議の開催日

平成30年12月12日(水)

(3)審査基準

審査基準

審査項目

審査内容

配点

業務目的及び業務内容の理解度

・本業務の趣旨、および仕様書に記載されている事について十分理解しているかどうか。

10点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

・本業務に取り組むにあたって、限られた期間内に対象世帯、事業所に漏れなく広報紙を配布することができるか、地域課題の解決に向けた意気込みなどを感じることができるかどうか。

10点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

・地域課題がその地域の特性を踏まえ、的確に設定されているかどうか。

・広報紙配布を通じた地域の課題の解決手法に実現性があるか、また報告方法が適切であるかどうか。

25点

広報紙の配布の実施方法

・広報紙配布にあたっての組織的な体制が構築されているかどうか。

・広報紙配布にあたっての無理のない計画が立てられているかどうか(緊急連絡体制、各地域への配布人員など)。

25点

類似業務の実績の豊富さ

・刊行物などを地域に配布した実績があるかどうか。

10点

費用積算根拠の妥当性

・費用の積算にあたり、契約上限額内で見積もられており、積算の根拠が妥当であるかどうか。

20点

合計

100点

(4)審査を行った事業者及び審査結果について

審査の結果は選定委員の評価点の合計点を表記しています。

東小橋小学校区

審査を行った事業者:東小橋地域活動協議会、株式会社ラパンプラス  全2者
審査結果(東小橋)

審査項目

B者

C者

業務目的及び業務内容の理解度

26点

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

28点

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

60点

40点

広報紙の配布の実施方法

60点

50点

類似業務の実績の豊富さ

22点

20点

費用積算根拠の妥当性

44点

36点

合計

240点

180点

大成小学校区

審査を行った事業者:株式会社ラパンプラス  全1者
審査結果(大成)

審査項目

C者

業務目的及び業務内容の理解度

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

40点

広報紙の配布の実施方法

50点

類似業務の実績の豊富さ

20点

費用積算根拠の妥当性

36点

合計

180点

今里小学校区

審査を行った事業者:今里まちづくり活動協議会、株式会社ラパンプラス  全2者
審査結果(今里)

審査項目

D者

C者

業務目的及び業務内容の理解度

30点

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

26点

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

75点

40点

広報紙の配布の実施方法

65点

50点

類似業務の実績の豊富さ

20点

20点

費用積算根拠の妥当性

44点

36点

合計

260点

180点

中道小学校区

審査を行った事業者:中道地域活動協議会、株式会社ラパンプラス  全2者
審査結果(中道)

審査項目

F者

C者

業務目的及び業務内容の理解度

22点

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

20点

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

50点

40点

広報紙の配布の実施方法

45点

50点

類似業務の実績の豊富さ

20点

20点

費用積算根拠の妥当性

36点

36点

合計

193点

180点

北中道小学校区

審査を行った事業者:北中道地域活動協議会、株式会社ラパンプラス  全2者
審査結果(北中道)

審査項目

G者

C者

業務目的及び業務内容の理解度

26点

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

26点

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

70点

40点

広報紙の配布の実施方法

65点

50点

類似業務の実績の豊富さ

22点

20点

費用積算根拠の妥当性

40点

36点

合計

249点

180点

中本小学校区

審査を行った事業者:中本地域活動協議会、株式会社ラパンプラス  全2者
審査結果(中本)

審査項目

A者

C者

業務目的及び業務内容の理解度

28点

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

24点

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

60点

40点

広報紙の配布の実施方法

65点

50点

類似業務の実績の豊富さ

24点

20点

費用積算根拠の妥当性

44点

36点

合計

245点

180点

東中本小学校区

審査を行った事業者:株式会社ラパンプラス  全1者
審査結果(東中本)

審査項目

C者

業務目的及び業務内容の理解度

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

40点

広報紙の配布の実施方法

50点

類似業務の実績の豊富さ

20点

費用積算根拠の妥当性

36点

合計

180点

神路小学校区

審査を行った事業者:株式会社ラパンプラス  全1者
審査結果(神路)

審査項目

C者

業務目的及び業務内容の理解度

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

40点

広報紙の配布の実施方法

50点

類似業務の実績の豊富さ

20点

費用積算根拠の妥当性

36点

合計

180点

深江小学校区

審査を行った事業者:深江ことぶき会、株式会社ラパンプラス  全2者
審査結果(深江)

審査項目

E者

C者

業務目的及び業務内容の理解度

22点

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

20点

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

50点

40点

広報紙の配布の実施方法

50点

50点

類似業務の実績の豊富さ

18点

20点

費用積算根拠の妥当性

36点

36点

合計

196点

180点

片江小学校区

審査を行った事業者:株式会社ラパンプラス  全1者
審査結果(片江)

審査項目

C者

業務目的及び業務内容の理解度

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

40点

広報紙の配布の実施方法

50点

類似業務の実績の豊富さ

20点

費用積算根拠の妥当性

36点

合計

180点

宝栄小学校区

審査を行った事業者:株式会社ラパンプラス  全1者
審査結果(宝栄)

審査項目

C者

業務目的及び業務内容の理解度

18点

業務遂行にあたっての総合的な視点、姿勢

16点

課題の設定と解決手法の的確性、実現性、独創性

40点

広報紙の配布の実施方法

50点

類似業務の実績の豊富さ

20点

費用積算根拠の妥当性

36点

合計

180点

選定会議における付帯意見

・大成、東中本、神路、片江、宝栄小学校区選定事業者あて
 配布事業にあたっては、組織としての仕組みとマニュアル化が明確であることは評価できる。しかし、地域課題解決に向き合う体制が弱いと言える。その点を解決すべく、個別の配布員が収集した地域課題の解決に向けては、区役所との情報共有を密にしながら、地域課題を地域と共に考えて、何かできる取組みを実施されたい。

・中道小学校区選定事業者あて
 独居高齢者を対象とする様々な地域福祉活動への支援を進めるとともに、町会加入率の向上にもつながるよう、配布時の声かけなどに取り組んでいることについては評価できる。ただし、配布体制にみられるように、担い手の少なさが課題としてあげられる。その点を解決すべく、できるだけ多くの担い手が関わることで、地域課題の解決に向けた様々な視点が得られると思われるので、新しい担い手の発掘に向けた試みを広げながら事業を実施されたい。

・深江小学校区選定事業者あて
 高齢者を対象とする様々な地域活動を中心に、地域団体との連携を深めることで、地域の繋がりの輪を拡げていることについては評価できる。ただし、担い手の高齢化が課題としてあげられる。その点を解決すべく、できるだけ幅広い世代の担い手が関わることで、地域課題の解決に向けた様々な視点が得られると思われるので、新しい担い手の発掘に向けた試みを広げながら事業を実施されたい。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム