ページの先頭です
メニューの終端です。

令和元年度地域におけるプログラミング教育支援事業(Scratch(スクラッチ)でオリジナルゲームを作ろう[制作講座]の開催)業務委託にかかる公募型プロポーザル選定結果について

2019年6月18日

ページ番号:473247

令和元年度地域におけるプログラミング教育支援事業(Scratch(スクラッチ)でオリジナルゲームを作ろう[制作講座]の開催)にかかる公募型プロポーザル選定結果

 東成区役所では、令和元年度地域におけるプログラミング教育支援事業(Scratch(スクラッチ)でオリジナルゲームを作ろう[制作講座]の開催)の実施にあたり、公募型企画競争方式(プロポーザル方式)により企画提案を広く募集しました。

 応募のあった企画提案についてプレゼンテーション審査を行った結果、次のとおり選定されました。

案件名称

令和元年度地域におけるプログラミング教育支援事業(Scratch(スクラッチ)でオリジナルゲームを作ろう[制作講座]の開催)業務委託

契約期間  契約日から令和元年9月30日まで

選定した委託予定事業者

株式会社イング

公募期間

令和元年4月22日から令和元年6月5日

選定委員による審査の結果

選定委員(50音順、敬称略)

江口 正樹 (東成区PTA協議会会長)

京 里美  (中小企業診断士)

堀田 博史 (園田学園女子大学)

選定会議の開催日

令和元年6月12日

審査基準

審査基準表
                   審査項目  配点  
事業目的及び業務内容の理解度 10点

業務内容の実現性、実施手順の妥当性、事業目的に対する

手法の的確性、独創性、専門性

 50点
事業実施にあたってのアピールポイント 10点
類似事業の豊富さ及び運営基盤 20点
費用積算根拠の妥当性・効率性 10点

(ア)上記の選定基準に基づき、提出書類及びプレゼンテーション内容について、選定会議の意見を聴取したうえで評価を実施し、合計点が最も高い提案者を委託予定事業者として選定する。

(イ)合計点が最も高い提案者が複数いる場合は、審査項目の「業務内容の実現性、実施手順の妥当性、事業目的に対する手法の的確性、独創性、専門性」の項目の得点が高い者を委託予定事業者とする。

(ウ)全委員の平均点が100点満点中の60点を下回った場合は、委託予定事業者として選定しない。

審査を行った事業者(五十音順)

株式会社イング

株式会社教育ネット  

株式会社全教研

審査の結果(選定委員の評価点の合計点(点数の高い順))

審査の結果
            審査項目 A社 B社 C社
事業目的及び業務内容の理解度 22点   25点 22点

業務内容の実現性、実施手順の妥当性、事業目的に対する手法の

的確性、独創性、専門性

 130点    130点    120点   
事業実施にあたってのアピールポイント 21点 24点 20点
類似事業の豊富さ及び運営基盤 53点 44点 39点
費用積算根拠の妥当性・効率性 23点 20点 17点
              合計 249点 243点 218点

選定結果

上記のとおり提案者は3者であり、審査の結果、合計点が最も高く、かつ全委員の平均点が60点以上であるため、株式会社イングを本事業の委託予定事業者として選定する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 市民協働課教育支援

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所4階)

電話:06-6977-9005

ファックス:06-6972-2738

メール送信フォーム