ページの先頭です
メニューの終端です。

ひがしなりの森とプログラミング

2019年10月1日

ページ番号:480148

この夏、区内の2小学校で行政と学校、地域・PTAが連携してプログラミング教育のモデル実施を行いました。プログラミングは来年度からの新しい学習指導要領で必修になりますが、私が強い印象を受けたのは「子どもたちが学び合う、教え合う」姿。「こうしたらこうなるはず」「いや、まずこれをやってみよう」- 子どもたち同士が議論し、試行錯誤を繰り返します。これは社会で生きていくときに正に必要な疑似体験です。

また、8月には区民センターでSDGs/環境教育のイベント「山の出前一頂」を実施しました。子どもたちが大工さん体験やゲームを通じて、森を持続可能な形で育てていくことの大切さを学ぶイベント。森のないひがしなりですが、森や森を守る林業の重要性は私たちも常に意識しておきたいことです。第2弾は野外に展開、11月2日(土曜日)に南中本公園で!

教育も環境もSDGsの重要な項目。持続可能なまちづくりに向けて、子どもは貴重な財産です。

「山の出前一頂」の詳細はこちら別ウィンドウで開く(「山の出前一頂」Facebookページ)

当日の様子
当日の様子2

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム