ページの先頭です
メニューの終端です。

「持続可能なまちづくり」とは?

2020年3月31日

ページ番号:497029

今年度の区の「運営方針」のキーワードは「持続可能なまちづくり」。最近よく聞く言葉とは言え、なじみの薄い言葉であることは否めません。英語で言うとサイステイナブルとなって、さらに分かりにくくなります。

「持続可能な」を「未来に向けた」「地球や人にやさしい」と言い換えてみましょう。「未来に向けたまちづくり」「地球にやさしく、人にやさしいまちづくり」というと分かりやすいですよね。「持続可能なまちづくり」というのは、高齢者や障がい者にもやさしく、未来の子どもたちにも豊かな環境をしっかり引き継いでいける、そんなまちづくりを指しています。

社会課題は多様化・複雑化し、相互に関連しています。この課題、あの問題と個別にもぐらたたきのように対応しているのでは十分な課題解決にはなりませんし、一方から一方への「慈善活動」「チャリティ」だけでは持続可能ではありません。持続可能なまちとするためには、支え合い・助け合いをベースとする多様なコミュニティの育成や、ビジネスのもつ価値創造機能を活用したエコシステムの構築が課題となります。

それぞれがそれぞれのやり方で、社会づくりに参画していく、そんな仕組みづくりが必要です。
講義の様子

1月23日、小学校の先生方にSDGsの説明をしました。
講義のプロに対する講義・・・(汗)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム