ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年度東成区運営方針

2020年4月28日

ページ番号:501612

運営方針は「施策の選択と集中」の全体像を示す方針として毎年度策定しているものであり、区将来ビジョンの単年度のアクションプランにもなっています。

令和2年度東成区運営方針

区の目標(何をめざすのか)

ひがしなりは、SDGsの視点にもとづく「持続可能なまちづくり」をめざします。

区の使命(どのような役割を担うのか)

・SDGsの視点にもとづく「持続可能なまちづくり」を推進するため、区民主体のコミュニティによる協働の基盤を強化する。
・地域や企業、団体等との協働により、社会的に困難な状況にある区民に適切かつ十分な支援を届けるためのセーフティネットを構築する。

令和2年度 区運営の基本的な考え方(区長の方針)

・まちづくりに関連する施策・事務事業に関し、計画立案から実施、事後評価のすべてのフェーズにおいてSDGsの視点を取り入れるとともに、PDCAによる着実な実施監理を行う。
・企業や団体を含む多様なステークホルダーと行政間の協働及びこれらのステークホルダー間の連携を促進することにより、区民主体の自律的なまちづくりやセーフティネットの構築を推進する。

重点的に取り組む主な経営課題

【経営課題1】安全で安心なまちづくり

≪概要≫

・区内中学校の防災拠点としての活用方針の確立、区民への自助に関する啓発、企業・団体等を含む多様な主体との連携、避難所の機能強化、災害発生時の区役所の体制の整備に重点を置き、区全体としての災害対応力を高める。

・地域主導で行われる通学路の見守りや放置自転車対策等を側面支援し、安心安全なまちづくりを推進する。

主な戦略≫

【1-1 防災】
・中学校を避難所として活用していくため、モデル校を選定し、集中的な避難所運営マニュアルの策定支援を行うとともに、実践的な防災訓練実施にかかる支援を行う。                        
・様々な団体等で自主防災組織が構成されている状態をつくるため、中学校活用協議の場等を活用し、組織化を図る。
・ジュニア防災リーダー制度を全地域に取り入れることで、防災の担い手の裾野を広げ、区全体の防災力向上を図る。
・全ての区民が災害時に適切な初期行動と避難活動ができるよう、SNS(LINE)等の多様な手段を活用し、自助・共助(食料・燃料の備蓄や自宅機能の強化等)を中心とした防災啓発活動を強める。

【1-2 防犯・安全対策】
・区民の防犯意識を高め、地域の自主防犯活動の促進を図るとともに、警察などの関係機関と連携し、犯罪抑止のための効果的な防犯対策に取り組む。
・通行環境改善のため、放置自転車対策や自転車利用のマナーアップ啓発など、関係機関との連携のもと、地域主導の活動を促す取組みを行う。

主な具体的取組(2年度予算額)≫

【1-1-1 防災】
・自主防災組織が、小学校のみならず、中学校も含めた実践的な避難所運営訓練などを主体的に企画立案できるよう支援する。
・災害時協力企業等登録制度を核に、様々な主体が防災について話し合える場づくりを、中学校の活用を協議する場等で実施する。
・ひがしなり防災情報(LINE@)など多様な手段を活用し、自助・共助を中心とした防災啓発を行うとともに、災害時における緊急情報を発信する。
(予算額:6,495千円)

【1-2-1 防犯・安全対策】
・子どもへの防犯教室の開催や、地域の自主防犯活動や警察等との連携による啓発活動に取り組むとともに、防犯灯の設置を通じて、犯罪抑止につながる取組みを促進する。
・街の美観を保ちつつ、歩行者が安全安心に通行できるよう地域・警察等との連携による自転車利用のマナーアップ啓発などに取り組む。(予算額 3,049千円)

【経営課題2】教育環境と子育て環境の整備

概要≫

・学力・体力の向上や国際理解教育・プログラミング教育、環境教育、地域との連携による教育環境整備など、学習指導要領に定める「持続可能な社会の創り手」を育成するための学校や地域、区民の取組みを支援する。

・地域社会全体で子育て家庭を支援する環境づくりを促進させるとともに、区役所における子育て情報の発信や相談機能を充実させる。

主な戦略≫

【2-1 教育環境の整備】
・地域・保護者・学校等と連携を図り、子どもや学校を支援する環境づくりに取り組む。

【2-2 子育て支援】
・「ひがしなりっ子すくすくつながるクラブ」を活用し、子育て家庭と地域のつながりづくりを支援する。

主な具体的取組(2年度予算額)≫

【2-1-1 学校等との連携強化】
・学校長等との意見交換等を通じて学校のニーズを把握し、学校が必要とする支援を行う。(予算額:1,963千円、教育委員会事務局予算額:314千円)

【2-1-2 子どもの体力向上】
・子どもの運動習慣の定着や、体力向上に繋がる取組みを支援する。(教育委員会事務局予算額:2,411千円)

【2-1-3 子どもたちと体験するSDGs(環境教育)】
・子どもたちと保護者が森林環境保全について考え、学習できる機会を設け、SDGsの普及啓発と意識向上に寄与する。(予算額:6,940千円)

【2-2-1 子育てネットワーク構築支援事業】
・「ひがしなりっ子すくすくつながるクラブ」を充実し、利用者の拡大に取り組むとともに、地域の支援機関と連携した子育て支援イベントを実施することで地域の子育て家庭と地域のつながりを促進させるとともに、情報誌の発行やSNSを利用した子育て情報の発信を強化する。(予算額421千円)

【経営課題3】地域における協働による保健・福祉への取組み

概要≫

・地域を切り口とした施策横断的なアプローチにより、区民主体の福祉・健康への取組みを推進する。特に、高齢者、障がい者その他の配慮が必要な方を地域全体で見守り支え合うための担い手づくりや実施体制の強化、また、行政・専門職・地域支援者の連携を促進することによるセーフティネットの構築に向けた取組みを強化する。

・区民一人ひとりが、健康寿命の延伸に向けた健康づくりが出来るように、区民主体の取り組みを推進する。

主な戦略≫

【3-1 地域福祉の推進】
・社会的な支援が必要な方が安心して暮らし続けられるよう、専門職や地域の支援者など関係者が連携し、地域全体で支え合う体制づくりを推進する。

【3-2 健康づくりの推進】
・区民の主体的な健康づくりの取り組みを支援する啓発活動や情報発信を推進する。

主な具体的取組(2年度予算額)≫

【3-1-1 地域全体で支え合う体制づくり】
・在宅医療と介護の連携や、専門職・地域の支援者などの連携による見守りなど、地域におけるネットワークによる支援体制の強化を進める。また、区民の地域福祉への理解を深めるとともに、地域福祉活動の活性化を支援し、区民が主体的・継続的に参加できる仕組みを推進する。(予算額 22,368千円)

【3-2-1 ライフステージに応じた健康づくり事業】
・地域と連携した介護予防活動の展開や食育講座の開催により、区民が主体的、継続的に健康づくりに取り組める環境づくりを推進する。 (予算額329千円)

【経営課題4】 SDGsの視点による区民主体のまちづくりの推進

概要≫

・地域活動協議会による自律的な地域運営に向け、実情に即した最適な支援が必要である。

・SDGs の推進において基礎自治体に求められる対応として、区民や企業、団体その他のステークホルダーのSDGs(持続可能なまちづくり)への参画を促進する必要がある。

・これまでの区における取り組みの体系化や専門家等の知見の活用などにより、事業の質の向上を図る必要がある。

・区民による参加型イベントの実施や区の先進的な取り組みに関する情報発信を通じて、区民によるシビックプライド(ひがしなり愛)を醸成する必要がある。

主な戦略≫

【4-1  地域活動協議会による自律的な地域運営の促進】(以下、地活協と記載)
・地活協のめざすべき姿に向けて、地域の実情に即したきめ細かな支援を行い、仕組みの定着を図ることで、より多くの住民参加による自律的な地域運営を実現する。

【4-2 マルチパートナーシップの推進】
・区民や企業、団体、その他のステークホールダーのSDGs(持続可能なまちづくり)への参画を促進する仕組みづくりを行うとともに、地域の魅力発信に取り組む。

主な具体的取組(2年度予算額)≫

【4-1-1 地域の実情に即したきめ細かな支援】
・地活協の自律状況及び支援ニーズ等を把握・分析し、自律的な地域運営に向けた効果的な支援を実施するとともに、地域活動の継続・拡充のベースとなる環境づくりに向け、自治会・町内会単位(第一層)の活動の活性化に対する支援を行う。
・地活協の意義や求められる機能の理解促進に向け、働きかけや発信を行う。(予算額14,576千円)

【4-2-1 地域・社会課題解決に取り組むための企業と地域・学校等による連携促進】
・区内企業等との連携による、地域・社会課題解決に向けたフォーラムの構築支援を通じて、多様な活動主体の発掘や地域活性化を促進する。(予算額7,000千円)

【4-2-2 「東成区の地域資源」魅力発信事業】
・区民に対して地域資源に直接ふれあう場を提供することにより、自分の住むまちに対する誇りや愛着心を醸成させるとともに、区内外へ東成区の地域資源の魅力を発信していく。(予算額2,037千円)

「市政改革プラン3.0」に基づく取組等

【主な取組項目】次代を担う職員の育成

≪取組内容≫

・区長と職員のミーティングの実施 ・区民サービス向上につながる接遇研修の実施
・区長表彰の実施           ・夜間自己啓発講座の開催

【主な取組項目】働き方改革の推進

≪取組内容≫

・年次休暇取得状況の確認     ・職員向けに取得推進の周知
・長時間労働をしている職員の状況分析を行い、業務の割振り等の見直しを行う。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課企画調整

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9018

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム