ページの先頭です
メニューの終端です。

東住吉区教育活動サポーター配置要綱

2019年6月4日

ページ番号:471842

1 目 的

区内の大阪市立小学校・中学校の児童生徒が力を発揮し円滑に学校生活を送れるよう、学校に教育活動サポーター(以下、「サポーター」という)を配置し、学校の課題解消を支援する。

 

2 事業内容

(1)対象校

東住吉区内における大阪市立の小学校・中学校のうち「東住吉区教育活動サポート事業」にかかる配置決定を受けた学校。

(2)活動内容

肢体不自由や発達障がい等の行動面で支援が必要とされる児童生徒や、学習面で支援が必要とされる児童生徒等に対し、教職員と協働して支援を行う。

●特別支援サポート

発達障がい等のある児童生徒のうち、行動面で特に支援が必要とされる児童生徒に対し、教職員と連携して適切な支援等を行う。(支援内容の例:遠足、社会見学等の校外活動、部活動など)

●学習サポート

学習面で支援が必要とされる生徒に対し、教職員と連携して授業等における学習支援(子どもへの個別支援や励まし、質問対応や教材準備など)を行う。

●その他区担当教育次長が認めるサポート

 

3 従事諸条件等

(1)従事時間:1人あたり1日8時間以内、1ヶ月78時間以内の配置とする。

※1日あたり1時間未満の端数活動時間は30分単位とすること。

(2)報償金:1,000円/時間(税控除あり)支払いは、翌月末日を基本とする。

(3)交通費:1日往復480円を上限に必要な経費を支払うものとする。

ただし、他の事業従事との重複支払はしないものとする。

(4)校外活動諸費:1回あたり別途2,000円(宿泊のある場合は1泊あたり別途5,000円)

(5)保険:区において傷害保険に加入する。

(6)その他:活動内容・条件について、学校に十分確認するとともに、活動への従事にあたっては、学校と連携すること。なお、前項に掲げる活動内容のうち、高度な専門性(資格・経歴等)を要求する場合で、当該サポーターがその専門性を有している場合には、本従事諸条件について別途定めることができる。

 

4 実施方法等

サポーターの活用実施については、次の手続きによって行うものとする。

(1)サポーター登録関係書類の提出について

「教育活動サポート事業」の配置決定通知後、学校長はサポーターを人選・決定し、区が指定する様式により、従事開始前月の20日までに登録申請にかかる手続きを行う。

※  従事内容・申出内容等に変更が生じた場合は、すみやかに担当者へ連絡するとともに、区が指定する様式で新たに提出し直すこと。

※  上記申請内容について、様式の省略が認められる場合または様式の追加・変更が必要と区が判断した場合は別途取り決めのうえ、それに準じる。

(2)登録・従事者承認について

学校長より申請された書類により、区はサポーターの登録を行い、従事者の承認を行う。

(3)従事報告等について

承認後、サポーターが従事した翌月5日までに、学校長は区が指定する様式により、区へ従事報告を行う。

(4)報償金の支払いについて

区は、前項の報告を受けたときは、書類の審査及び決定内容に附した条件に適合しているか確認を行い、「3 従事諸条件等」に基づき算出した金額を支払う。

 

5 サポーターの責務

サポーターは、職務上知り得た個人情報について、決して外部に漏らしてはならない。また、その取扱いに十分留意すること。

 

6 その他

この要綱に定めるもののほか、事業実施に関し必要な事項は、区担当教育次長が定める。

附則 

1 この要綱は平成28年4月1日から施行する。

2 本事業の準備行為は、この要綱の施行前においても行うことができる。

3 この要綱は平成29年4月1日から施行する。

4 この要綱は平成29年9月30日から施行する。

5 この要綱は平成30年4月1日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東住吉区役所 区民企画課区民企画グループ

〒546-8501 大阪市東住吉区東田辺1丁目13番4号

電話:06-4399-9734

ファックス:06-6629-4564

メール送信フォーム