ページの先頭です
メニューの終端です。

統計調査の「かたり調査」にご注意ください

2019年2月26日

ページ番号:95375

 統計調査には、統計法に基づき「基幹統計」と呼ばれる様々な調査があります。
 国勢調査や経済センサスなどがその代表例で、1年間におおよそ2~3種類の統計調査が実施されています。
 統計調査員には個人情報を外部に漏らさないよう守秘義務が課せられており、統計調査期間中は顔写真付きの調査員証を携帯し、調査対象世帯や事業所を訪問しています。
 統計調査員ではない者が統計調査員になりすまして個人情報を取得しようとする、いわゆる「かたり調査」の被害を防止するために、以下の項目にご注意ください。 万一、ご不審な場合がございましたら、区役所までお問い合わせいただきますようお願いします。

  • 統計調査員が各世帯や事業所を訪問した際は、必ず所持している調査員証で、調査員氏名を確認して下さい。
  • 統計調査が電話や電子メールで行われることはありません。
  • 調査票を回収箱で回収することはありません。よって、調査票の提出箱が共同住宅の共用玄関等に設置されていても利用しないで下さい。
  • 統計調査で金品を要求することはありません。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東淀川区役所 地域課地域グループ

〒533-8501 大阪市東淀川区豊新2丁目1番4号(東淀川区役所1階)

電話:06-4809-9734

ファックス:06-6327-1970

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示