ページの先頭です
メニューの終端です。

東淀川区校庭等の芝生化事業を進めています!

2017年7月26日

ページ番号:270566


 大阪市では、地域との交流の促進・環境学習の促進等を目的として、地域主体の実行委員会形式で平成17年度から芝生化事業を実施してきました。

 平成26年度からは、区役所の事業として、小学校に限定することなく、子どもが緑で遊べる環境をつくる活動を通じて、地域のコミュニケーションを活性化させ、地域づくりの実現をめざすことを目的として新たに事業を展開します。

 東淀川区の各地域の実施状況などを順次、情報発信していきます。

【平成28年度実施校】

【平成27年度実施校】

【平成26年度実施校】

柴島中学校

平成29年7月26日(水曜日)

 平成29年7月26日(水曜日)16時から地域の方々による芝刈りなどの作業を行いました。はじめに芝生維持管理技術指導業者より作業工程についての説明があり、その後芝刈りなどの作業を行いました。

業者による説明のようす

業者の方が作業の説明をしています

芝刈りのようす

機械を使って芝刈りをします

平成28年8月26日(金曜日)

 平成28年8月26日(金曜日)から、校庭等の一部芝生化に向けて、基盤整備工事が始まりました。

 平成28年9月中旬には、地域の方々による芝張り作業が予定されています。

基盤整備工事が始まりました

豊里小学校

平成27年8月23日(日曜日)

  平成27年8月23日(日曜日)午前9時から、地域の方々と子どもたち、約40名の皆さまと一緒に芝張りをおこないました。当日は好天にも恵まれ、一斉に芝を張り始めました。

芝張りの前のようす

芝張りの準備が整っています

専門家の方から芝張り指導のようす

作業のコツや注意点の説明がありました

 作業が始まると、「芝ってこうやってできるんやね」と感心する方や、「芝は置く向きがあるよ」、「隙間ができた場所は後で埋めるから大丈夫」など、皆さんで声をかけながら、どんどん芝張りは進んでいきました。

芝張り作業のようす

子どもたちも丁寧に作業していました

芝張り後のようす

きれいに芝が敷き詰められています

 きれいに芝張りを終えた後に、スプリンクラーの仕組みや設定方法について、専門家から説明がありました。スプリンクラーが作動した時は、「おぉ!」と歓声があがっていました。これから芝生を通した、地域の方々の交流や、子どもたちが楽しく遊んだり、体験したりできる場所として活用されます。

自動散水のようす

勢いよく散水しています

大隅東小学校

平成27年3月15日(日曜日)

 平成27年3月15日(日曜日)午前9時30分から、地域の方々と子どもたちと一緒に芝張りをおこないました。専門家の方から芝を張る時の注意点やポイントを教えていただき、一斉に張り始めました。

芝張り前のようす

たくさんの芝が並べられています

芝張りの指導を聞くようす

みんな芝張りの指導をしっかり聞いていました

 地域の方々も子どもたちもすぐに作業に慣れ、芝張りはどんどん進んで行きました。

芝張りをする子どもたちのようす

丁寧に芝を張っています

芝張りをする地域の方々のようす

地域の方もたくさんご参加いただきました

 あっという間に芝張り完了!とてもきれいに張れ、養生期間が終わる春頃に、青々と広がる芝生で子どもたちが遊ぶ姿が楽しみです。
芝張り後のようす

きれいに芝が敷き詰められています

子どもたちの写真

たくさんの子どもたちが手伝ってくれました

平成27年3月10日(火曜日)

 平成27年3月10日(火曜日)から運動場の一部芝生化に向けて基盤整備工事が始まりました。芝生がよりよく育つ環境をつくるため、スプリンクラー設置と土壌改良が2日間で行われました。

基盤整備工事の様子

基盤整備工事が始まりました

重機で穴を掘る様子

穴を掘ってスプリンクラーの配管をつなげます

淡路中学校

平成26年12月19日(金曜日)

 平成26年11月8日(土曜日)にオーバーシードが行われ、養生期間を終えた芝生を平成26年12月19日(金曜日)に撮影しました。オーバーシードは冬芝の種子を撒き、冬でも青々とした芝を維持するためと、夏芝の根部を保護する役割もあり、翌春に生長する夏芝の備えになります。
冬芝の様子

冬芝がきれいに広がっています

平成26年9月17日(水曜日)

 平成26年9月5日(金曜日)の芝張りから12日目の9月17日(水曜日)に芝生を撮影しました。少しずつ芝生が広がっています。もうしばらく養生が必要ですが、芝生ひろばが開放される日が楽しみです。
淡路中学校の芝の様子

少しずつ芝が育っています(平成26年9月17日)

平成26年9月5日(金曜日)

 平成26年9月5日(金曜日) 午後2時から、淡路地域と西淡路地域の方々と、淡路小学校と西淡路小学校の6年生と淡路中学校の3年生あわせて約130名で、芝張りを行いました。
子どもたちが集った様子

たくさんの子どもたちが集まりました

芝張りの指導を聞く様子

みんな芝張りの指導を真剣に聞いていました

 芝張りは専門家の指導を受けながら始まり、ひとつひとつ丁寧に芝を張っていきました。初めは慣れなかった子どもたちもすぐに慣れ、芝張りは順調に進んでいきました。

力をあわせての芝張りの様子

みんなの力をあわせて、芝張りは進んでいきました

金谷区長と子どもたちが芝張りしている様子

金谷元区長も子どもたちと一緒に芝張りをしました

 最後に目土を入れて、芝張りは完成しました。

 青々と成長した広がる芝生の上で、地域の方々と子どもたちの交流の輪が更に広がっていくのが楽しみです。

芝張り後の様子

きれいな芝生が出来上がりそうです

西淡路小学校の6年生の皆さんの写真

西淡路小学校の6年生の皆さん

淡路小学校の6年生の皆さんの写真

淡路小学校の6年生の皆さん

淡路中学校の3年生の皆さんの写真

淡路中学校の3年生の皆さん

 また、地域コミュニケーションの活性化のために、地域の方々や子どもたちが一緒になって憩い、楽しめる行事の企画や、子どもたちの芝生の活用のようすを発信していきます。

菅原小学校

平成28年9月3日(土曜日)

 平成28年9月3日(土曜日)午前9時から、菅原地域芝生化実行委員会、はぐくみネット、生涯学習ルーム、学校体育施設開放事業者の共催で、専門の講師によるハンサムウォーク講座が開催されました。

 講義を受けた後、参加者は、裸足になって芝生の上を実際に歩き、正しい姿勢での歩き方を身に付けました。健康増進に繋がり、参加者のコミュニケーションを深めることができました。

講師によるウォーキング講座を受けています

講師によるウォーキング講座

裸足になって芝生の上を歩いています

裸足になって芝生の上を歩きました

平成26年11月9日(日曜日)

 オーバーシードの養生期間を終えた芝生を開放し、地域コミュニケーションの活性化の場として利用するため、平成26年11月9日(日曜日)午前10時から、菅原地域芝生化実行委員会主催で、菅原小学校区教育協議会-はぐくみネット-、菅原小学校体育施設開放委員会、菅原小学校生涯学習ルーム運営委員会、菅原地域まちづくり協議会の協賛のもと、芝生フェスタが開催されました。

 

冬芝がきれいに広がっている様子

冬芝がきれいに広がっています

冬芝の様子

冬芝は夏芝の保護になっています

 当日は雨のため講堂での開催になりましたが、芝生を通じて、約130名の方々が参加されました。メインイベントにジャグリングドーナツ(京都大道芸倶楽部)による大道芸のパフォーマンスと、学校法人大阪学園 大阪高等学校 和太鼓部による演奏がありました。

 それぞれのパフォーマンスに、参加された皆さまの拍手と歓声が上がり、とても多くの喜びの声とともに、地域のつながりをより強く感じることができたイベントになりました。

ジャグリングの演技の様子

ジャグリングの演技に歓声が沸きました

和太鼓の様子

和太鼓の迫力に拍手喝采でした

 最後に、校庭等の芝生化事業についてアンケートを実施しました。その中には、「芝生がきれい」や、「子どもたちが喜んでいる」などの意見が多くありました。

 また、「校庭等を芝生化する活動(芝生イベントを含む)を通じて、地域のコミュニケーションが活性化されたと感じますか」の設問には、「感じる」、「どちらかといえば感じる」と回答いただいた割合が92%もあり、当事業の意義を再確認することが出来ました。

菅原地域アンケートより抜粋

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成26年10月18日(土曜日)

 平成26年10月18日(土曜日)午前9時30分から、ウィンターオーバーシーディング〔Winter Over Seeding〕※(以下「オーバーシード」という。)が行われました。

 専門家からオーバーシードの手順や種をきれいに撒くコツなど、菅原地域の芝生サポーターの皆さまに指導をいただきました。

散布機に冬芝の種を入れる様子

散布機に冬芝の種を入れて準備しています

散布機を押して行く様子

真っすぐに同じスピードで押して行くのがコツです

※オーバーシード⇒夏芝は冬季には休眠するため、冬には少し枯れたように見えます。1年を通して青々とした芝生を維持するため、また、夏芝の保護のために夏芝の上から冬芝の種を撒くことをオーバーシードといいます。

平成26年9月17日(水曜日)

 平成26年8月3日(日曜日)の芝張りから1カ月半が過ぎました。養生期間を終えた芝生は開放されていて、休み時間になると、子どもたちは芝生の上に一斉に集まっていました。裸足で元気に走っている子どもたちや、気持よさそうに寝ころがっている子どももいました。校長先生にお話を伺うと、「芝生にしてから砂埃が減って、気温も周りと比べ低くなった。そして一番の変化は、外で遊ぶ子どもたちが増えた。」ということでした。

芝生の上で遊ぶ様子

芝生の上で楽しそうに遊んでいます

平成26年8月12日(火曜日)

 芝張りから9日目の平成26年8月12日(火曜日)に芝生を撮影しました。青々と広がり順調に成長していました。
青々と育っている芝の様子

青々と元気よく育っています(平成26年8月12日)

平成26年8月3日(日曜日)

 平成26年8月3日(日曜日) 午前8時30分から、地域の方々と子どもたちと一緒に、芝張りをおこないました。

 約130名の方が集まり、一斉に芝張りが始まりました。

地域の方々の作業のようす

地域の方々も作業に協力してくださいました

子どもたちの作業のようす

子どもたちも懸命に作業してくれています

元区長と子どもたちが一緒に芝張りする様子

金谷元区長も子どもたちと一緒に芝張り

芝張り後の運動場の様子

芝張り後の運動場(平成26年8月3日)

 みんなで力を合わせた芝張りは、あっという間に完了。すぐに寝ころがる子どもがいたり、普段見かけないトンボも飛んできたりと、緑があることでの変化というものが、早速感じられたものになりました。

 今後、地域の方々も子どもたちも芝生とふれあい、地域コミュニティの活性化につなげるイベントや、子どもたちの芝生を活用するようすを発信していきます。

 

芝張り完成後の集合の様子

みんなで力を合わせて芝張り完成

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東淀川区役所 保健福祉課子育て・教育グループ

〒533-8501 大阪市東淀川区豊新2丁目1番4号(東淀川区役所2階)

電話:06-4809-9850

ファックス:06-6327-2840

メール送信フォーム