ページの先頭です
メニューの終端です。

東淀川区で取り組む「食育」

2020年5月27日

ページ番号:491513

東淀川区で取り組む「食育」

食育とは

食育とは「生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基本となるべきもの。様々な経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること。(食育基本法から抜粋)」とされています。

社会情勢がめまぐるしく変化する中で、食育の考え方は「栄養摂取」、「健康増進」のみではなく、食を通じたコミュニケーションや、食とその資源に対する感謝の気持ち、食の安全、食文化の継承等様々な分野に及んでいます。大阪市では、これまでの計画の評価・検証をふまえ、様々な関係部局と連携・協働し、食育を総合的に推進するために平成30年3月に「第3次大阪市食育推進計画」を策定し、食育を推進しています。

 

広報ひがしよどがわ平成30年6月号に食育の特集記事を掲載しました!


(クリックすると拡大します)

食育推進キャラクターたべやん

       大阪市食育推進キャラクター たべやん
       スローガン「かしこく食べよう!ゲンキをつくう!」

ライフステージに応じた食育の取り組み

胎児期・乳児期・幼児期

妊婦教室」の中で、妊娠中、授乳中の食生活についてのお話をしています。
乳幼児健診(3か月児健康診査、1歳6か月児健康診査、3歳児健康診査)時に食生活に関する集団でのお話や個別の相談を行っています。また、6~7か月児の養育者を対象に月1回の「離乳食講習会」の実施や、地域で開催されている子育てサロン等に参加し、離乳食に関する相談を行っています。

少年期

小学生を対象に、体験学習を通して「食」への興味につながるよう、子ども・子育てプラザ等と共催で、「子どもクッキング」を実施しています。

青壮年期・高齢期

生活習慣病予防のための食育教室、男性のための食育教室、生涯骨太クッキングなど、対象別の料理教室を開催しています。また、地域で実施している「わくわく!いきいき百歳体操」時にも出向き、生涯にわたっての食育推進に取組んでいます。
また、保健福祉センターでは、毎月2回(第1・第3金曜日の午後)に定例食生活相談日を設けて、パソコンによる食事バランス診断結果に基づく相談など、よりよい食生活を送るための支援を行っています。

食育教室の様子
子どもクッキングの様子
生涯骨太クッキングの様子

食育推進ボランティアの育成

地域で健康づくり及び食育を推進するボランティアを養成するために毎年、健康講座保健栄養コース(9回コース)を開催しています。区内在住で、健康づくりに関心をもち、地域において健康づくり・食育推進に関する活動を行うことができる方を対象に開催しています。受講料無料で、毎年30名程度募集しますので、ご興味のある方はご参加ください。

食育推進ネットワーク

地域に密着した継続的な食育活動を展開するためには、家庭・地域・教育・保育・生産・流通・消費・ボランティア団体などの各分野の団体や関係者が共通認識を持ち、連携して活動することが必要です。日々の生活の中で健全な食生活の実践が継続的に行えるよう、地域の様々な食育関係者・団体と「東淀川区食育推進ネットワーク委員会」を作り、食育展への参画や広報紙へのレシピ提供等食育の推進に取組んでいます。

食育展等の開催

「健康展」や「みのりちゃんフェスタ」と併設で、「食育展」を開催しています。東淀川区食育推進ネットワーク委員会や大阪市すこやかパートナーのご協力のもと、食育の「体験コーナー」、「展示コーナー」、「試食コーナー」など楽しい内容で開催しています。
また、区内の大学や高等学校に出向き、若い世代を対象に「食生活展」も開催しています。
食育体験コーナー
食育試飲コーナー
大学での食生活展の様子

災害時の「食」の備え

地震や台風などで大きな被害が出た時などには、食品が手に入らない、調理ができないなど、食生活に支障がでる可能性があります。できる限りふだんと同じような食事ができるように、食品を買い置き、いざというときに備えましょう。

・最低3日分、できれば1週間分の食品などを備えましょう。
・普段から食べなれた常温保存が可能な食品を、少し多めに買い置きし、非常時に役立てましょう。
・ライフラインが止まることを想定し、熱源・調理器具・食器なども準備しておきましょう。
・災害時は手を洗ったり、しっかり加熱して調理することが難しい場合があります。特に衛生面の注意が必要です。
・生活が落ち着いてきたら、体調管理のためにも、可能な範囲でバランスのとれた食事を心がけましょう。

ポリ袋クッキング

災害時に、便利な簡単レシピです。

ポリ袋クッキングレシピ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市東淀川区役所 保健福祉課健康・健診・感染症(保健企画)グループ

〒533-8501 大阪市東淀川区豊新2丁目1番4号(東淀川区役所2階)

電話:06-4809-9882

ファックス:06-6327-3462

メール送信フォーム