ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険の脱退について

2020年2月14日

ページ番号:493909

他の健康保険に加入するなど、国民健康保険やめるとき(脱退するとき)は、届出が必要です。

会社などの健康保険にはいるとき(扶養家族になるとき)

  • 印かん(自署の場合は不要)
  • 保険証
  • 会社などの新しい保険証または健康保険等資格取得証明書(会社や健康保険組合が発行します)

他の市町村へ転出するとき

  • 印かん(自署の場合は不要)
  • 保険証
    (注)転出届を済ませておいてください。

出国するとき

  • 印かん(自署の場合は不要)
  • 保険証
  • 出国日の分かるもの(航空券など)
    (注)1年以上海外へ居住する際は、転出届を済ませておいてください。転出届を出さなくても、1年以上海外に居住する場合には、その間は国保の資格を喪失することがあるので、ご注意ください。

国民健康保険の加入者が死亡したとき

  • 死亡された本人の保険証
    注:死亡届の提出がお済でしたら、国民健康保険への届出は不要ですが、死亡された本人の保険証の返却が必要となります。また、死亡された方が世帯主であった場合で、同一世帯内に他の加入者の方がいらっしゃる場合は、保険証の世帯主欄と被保険者証番号を変更する必要がありますので、他の加入者の方の保険証と印かん(自署の場合は不要)をお持ちください。 

    (注)葬祭費については、こちら(大阪市ホームページ)をご覧ください

生活保護を受けるようになったとき

  • 印かん(自署の場合は不要)
  • 保険証
  • 生活保護開始決定通知書

届出をするときの注意点

  • 国民健康保険をやめる場合で、保険証のほかに高齢受給者証や限度額適用認定証などをお持ちの場合は、保険証とあわせてお持ちください。
  • 健康保険の種類が変わったときや、記載内容が変わったときは、かかっている医療機関にも必ず連絡してください。
  • 健康保険資格取得(喪失)証明書は、会社や健康保険組合に証明してもらってください。所定の用紙がない場合は、大阪市の様式をダウンロードしてご利用いただけます。

健康保険等資格取得(喪失)証明書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市東淀川区役所 窓口サービス課保険年金・各種手続き(保険)グループ

〒533-8501 大阪市東淀川区豊新2丁目1番4号(東淀川区役所1階)

電話:06-4809-9956

ファックス:06-6327-1920

メール送信フォーム