ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス禍における水害時の避難について

2020年7月30日

ページ番号:510736

東淀川区は水害のリスクが高く、日頃から大雨や台風への備えが大切です!

 新型コロナウイルス禍において、災害が発生し避難所を開設する場合には、感染リスクを減らすために、お互いに間隔をあけてスペースを確保することや、熱・咳等の症状がある方と症状のない方と避難スペースを分離する必要があることから、受入れ人数が減ってしまいます。

 日頃から自宅等の水害リスクを知っていただき、自宅での避難や、親戚や友人宅への避難について、話し合いを行うなど、新型コロナウイルスの感染リスクを踏まえた、災害時の避難行動を考えておきましょう。


別ウィンドウで開く

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市東淀川区役所 地域課安全安心グループ

〒533-8501 大阪市東淀川区豊新2丁目1番4号(東淀川区役所1階)

電話:06-4809-9820

ファックス:06-6327-1970

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示