ページの先頭です
メニューの終端です。
  • トップページ
  • 生活
  • 人権
  • 『ただいま、おかえりって言いあえるまちに~みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト。~』

『ただいま、おかえりって言いあえるまちに~みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト。~』

2021年2月26日

ページ番号:528373

新型コロナウイルスの感染者や医療従事者に対する差別や偏見のない社会をめざすシトラスリボンプロジェクト

「シトラスリボンプロジェクト」とは、新型コロナウイルス禍で生まれる差別や偏見に関し、愛媛県の有志がつくったプロジェクトで、愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を全国に広めようという取組です。
リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。

感染が確認された方々、私たちの暮らしを守り、支えてくれる方々(医療従事者・「エッセンシャルワーカー」の皆さまなど)が、 それぞれの暮らしの場で「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちでありますように、そんな想いを共有していただけたらと思います。

令和3年2月18日(木曜日)、シトラスリボンプロジェクトを広げる活動をされている木村由華利さんとイ・ヨンボさんが東淀川区役所を訪問されました。

在日コリアン2世の歌手のイ・ヨンボさんは、ご自身も言葉ではいいつくせないような差別を受けた経験があり、かねてから交流のあった長野県上田市で関係者が様々な差別を受けていることを知り、このプロジェクトの趣旨に共感してイメージソングを作られ、訪問の際に聴かせていただきました。

 

新型コロナウイルスは、誰もが感染するリスクが、誰でも感染させるリスクがあります。
東淀川区役所はこのプロジェクトに賛同し、「STOP!コロナ差別」の取組を進めます。

シトラスリボンプロジェクト 東淀川区役所訪問写真
別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市東淀川区役所 地域課地域グループ

〒533-8501 大阪市東淀川区豊新2丁目1番4号(東淀川区役所1階)

電話:06-4809-9734

ファックス:06-6327-1970

メール送信フォーム

  • トップページ
  • 生活
  • 人権
  • 『ただいま、おかえりって言いあえるまちに~みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト。~』