ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

コーディネーター連絡会

2019年6月1日

ページ番号:328707

福祉のまちづくりをめざして

 地域福祉活動コーディネーターの活動は今年度で4年目に入りました。これまで身近な相談窓口としての活動や、地域のふれあい喫茶などの福祉活動に参画するなど、さまざまな形で取り組んできました。

 昨年度末には、活動の元となっている「平野区地域福祉計画」における地域福祉活動コーディネーターの位置づけと役割について再確認を行い、活動の振り返りと今年度の取組みについて話し合いました。

 地域福祉活動コーディネーターは今後も、平野区地域福祉計画の理念である「こどもから高齢者まですべての人と人とがつながり支えあうまちづくり」をめざして、その一端を担っていきます。皆さんの相談に寄り添い、つなぎ、見守る活動を続けながら、地域のつながり支えあいを考え、さまざまな関係機関などの連携強化に努めていきます。どんな小さな事でも”お気づき”や”お困りごと”があればお気軽に地域福祉活動コーディネーターへご相談ください。

※お問い合わせは大阪市平野区社会福祉協議会別ウィンドウで開くまで  06-6795-2525


こころのバリアフリーをめざして

平成27年10月9日、「こころの病を持つ人の理解と支援」をテーマにNPO法人オリーブひらの代表の森本克子氏とともに、地域での支援のあり方やコーディネーターとしての関わり方などを話し合いました。

ストレスが多いといわれる現代、こころの病は、誰もがかかりうる可能性があります。

心の不調には、セルフケアや継続的な治療などのほか、家族や友人・同僚など、周囲の温かいサポートが大切です。身近なこととして、基礎知識をもち、正しい理解を深めましょう。

“こころのバリアフリー”が広がることで人と人とがつながり 、一人ひとりが自分らしく暮らせるまちをめざして活動しています。

講義の様子

※お問い合わせは大阪市平野区社会福祉協議会別ウィンドウで開くまで  06-6795-2525

地域ぐるみですくすく育つ

27年8月20日、常盤会短期大学幼児教育科の田村みどり氏を講師に招き、子育て支援の現状について学び、講義後は、コーディネーターとしてできることを話し合いました。

 「核家族化」や「共働き世帯の増加」など家庭環境が多様化する中で、子育てに対する不安感や負担感が大きくなり、子育ての悩みを誰にも相談できずに、孤立してしまうことがあります。

地域福祉活動コーディネーターはこどもから高齢者まで幅広いご相談に寄り添えるよう学びを深め、お悩みに寄り添いながら、相談機関や子育て中の親子が気軽に集い、お互いの想いを共有できる場へおつなぎします。

こどもと共にみんなで育ち、地域がつながるまちづくりをめざしています。

講義の様子

※お問い合わせは大阪市平野区社会福祉協議会別ウィンドウで開くまで  06-6795-2525

ひろがる、つながる、支援の輪

月に1度の連絡会には、22地域の各コーディネーターに加え、地域包括支援センターや大阪司法書士会、見守り相談室など、さまざまな分野の専門職の方々も参加しています。

連絡会では、「とじこもりがちなお年寄りの方が、地域包括支援センターを通して介護保険サービスや地域とのつながりができて良かった」「うちの地域は見守りにちからをいれていて、ボランティアの方も積極的に活動している」など、各地域の取組みやコーディネーターの思いが活発に飛び交う場です。

地域での活動や課題などについて、いろいろな観点から意見を出し合い、新たな気づきを日々の活動に活かしています。

連絡会の様子

コーディネーターは地域包括支援センターなどの専門支援機関やみなさんとの顔の見える関係と協働を大切にしています。

お困りごとがあった時にはおひとりで抱え込まず、気軽にお声かけください。

※お問い合わせは大阪市平野区社会福祉協議会別ウィンドウで開くまで  06-6795-2525

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市平野区役所 保健福祉課

〒547-8580 大阪市平野区背戸口3丁目8番19号(平野区役所3階)

電話:06-4302-9857

ファックス:06-4302-9943

メール送信フォーム