ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

平野区青少年福祉委員要綱

2019年12月6日

ページ番号:487904

(目的)

第1条 この要綱は、大阪市青少年福祉委員制度実施要綱(以下「市要綱」という。)に基づき、平野区における青少年福祉委員に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

 

(定数)

第2条 青少年福祉委員の定数は254名とする。

 

(業務)

第3条 青少年福祉委員は、次に掲げる業務を行う。

(1) 非行防止のための夜間巡視パトロールへの協力、文化・スポーツ行事の開催支援         

(2) 青少年をとりまく社会環境の浄化活動      

(3) 青少年活動団体との連絡調整会議や研修会の開催 

(4) その他青少年の健全育成を促進する活動     

 

(任期)

第4条 市要綱第3条但書の規定は追加で補充委嘱される新任者にも適用する。また、2年間の任期終了後の再任を妨げない。

 

(協議会)

第5条 市要綱第7条第1項に規定する地域協議会は、別表のとおりとする。

2 福祉委員活動の効果的推進と福祉委員相互の連絡調整をはかるため、市要綱第7条第3項の規定に基づき、区に青少年福祉委員連絡協議会(以下「区連絡協議会」という。)を置く。

3 委嘱業務にかかる区協連絡議会の事務は、青少年福祉委員と連携して区役所において処理する。なお、詳細については別途規定する。

 

(選考会)

第6条 青少年福祉委員の選考にあたっては、区に区選考会を、校下に校下選考会を設ける。

2 校下選考会は、区長から通知を受けた定数に基づき、候補者を選考のうえ、区選考会に推薦を行う。

3 校下選考会は、地域活動協議会、地域振興会、社会福祉協議会、青少年指導員会、青少年福祉委員会、PTA、子ども会、民生委員児童委員協議会などの代表者を委員として構成し、委員の互選により選出された座長が運営にあたる。

ただし、地域における青少年活動の円滑な推進を図るため、地域の実情に応じて弾力的に運用することができる。

また、校下に青少年福祉委員が不在の場合、区連絡協議会会長は校下選考会に対して意見を述べることができる。

4 区選考会は、校下選考会からの推薦について検討を行い、区長に推薦する。

5 区選考会は、平野区青少年育成推進会議(以下「推進会議」という。)の委員のうち若干名で構成し、推進会議会長と区長が協議の上運営にあたる。

 

(選考基準)

第7条 青少年福祉委員は、青少年の健全育成に関心のある者で、次の各号に掲げる基準を満たし、活動が可能なものを選考する。

(1)当区に生活または仕事の根拠を有する者

(2)青少年指導員の経験者等、青少年問題に深い関心と熱意を持つ者

(3)年齢満50歳以上65歳未満の者。ただし、地域における青少年活動の円滑な推進を図るため、校下選考会の意見を受けて、地域の実情に応じた弾力的な運用を行うことができる。

 

(細則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、青少年福祉委員に関し必要な事項は、区長が定める。

 

附則

1 この要綱は平成26年4月1日から施行する。

2 青少年福祉委員の選考その他の準備行為は、この要綱の施行前においても行うことが

できる。

 

 

別表

平野地区青少年福祉委員会

平野西地区青少年福祉委員会

新平野西地区青少年福祉委員会

平野南地区青少年福祉委員会

喜連地区青少年福祉委員会

喜連西地区青少年福祉委員会

喜連北地区青少年福祉委員会

喜連東地区青少年福祉委員会

長原東地区青少年福祉委員会

長吉六反地区青少年福祉委員会

長吉東部地区青少年福祉委員会

長吉六反東地区青少年福祉委員会

長吉西部地区青少年福祉委員会

長吉出戸地区青少年福祉委員会

瓜破地区青少年福祉委員会

瓜破東地区青少年福祉委員会

瓜破西地区青少年福祉委員会

瓜破北地区青少年福祉委員会

加美地区青少年福祉委員会

加美南部地区青少年福祉委員会

加美北地区青少年福祉委員会

加美東地区青少年福祉委員会

※区長が必要と認める場合には複数の地域をまとめて協議会を組織し、活動することができる。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市平野区役所 安全安心まちづくり課

〒547-8580 大阪市平野区背戸口3丁目8番19号(平野区役所2階)

電話:06-4302-9734

ファックス:06-4302-9880

メール送信フォーム