ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

平野区長メッセージ(新型コロナウイルス感染症について)

2020年7月28日

ページ番号:496233

区民の皆様へ

 7月3日からの豪雨により、各地で記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が各地で発生しました。この災害により亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の第2波の懸念が高まっています。これから、夏を迎えるにあたり、区民の皆様には、例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただき、引き続き感染症拡大防止に向けた取り組みへのご協力をお願いします。

令和2年7月豪雨災害義援金を受け付けています。

 

日常生活で気を付けること

 区民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、日常生活を送るにあたって熱中症を予防しながら引き続き「新しい生活様式」の実践にご協力ください。
 特別定額給付金に便乗した詐欺が発生していますので、ご注意ください。別ウィンドウで開く

「新しい生活様式」の実践例

  1. 「密閉」「密集」「密接」の「3つの密」を避けてください。
  2. マスクの着用をする等、咳エチケットを徹底してください。
  3. 人との間隔はできるだけ2メートル(最低1メートル)あけてください。 
  4. 手洗いを徹底してください。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

新型コロナウイルス感染者数増加中啓発チラシ

「大阪市新型コロナ受診相談センター」へのご相談について

緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染が疑われるような以下の症状がある方は、引き続き「大阪市新型コロナ受診相談センター」までご相談ください。

1.息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
2.重症化しやすい方(※)で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状がある場合

 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

3.上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに新型コロナ受診相談センターにご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)
小児については、小児科医による診察が望ましく、新型コロナ受診相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

大阪市新型コロナ受診相談センター(大阪市保健所)

電話:06-6647-0641

ファックス:06-6647-1029

受付時間:24時間

一般的なお問い合わせなどはこちら

その他、家族やご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

平野区保健福祉センター(地域保健担当)

電話:06-4302-9882

受付時間:平日9時~17時30分

大阪府 府民向け相談窓口

電話:06-6944-8197

受付時間:9時~18時(土日・祝日も実施)

※聴覚に障がいのある方をはじめ電話でのご相談が難しい方は、ファックス:06-6944-7579へお願いします。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページへの別ルート

表示