ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

【令和元年度】地域共生社会の理解に向けた講演会『くらしやすい明日の平野区をめざして』を開催しました

2021年5月27日

ページ番号:497167

~すべての人と人とがつながり まなび 支えあえるまちづくり~

人と人とがつながり支えあい、支援を必要とする人を含めたみんなが支えあえる平野区をめざして、地域包括ケアシステムにおける多職種によるネットワークづくりを進めるためにも、地域でのまなびあいやつながりから生まれる支えあいの大切さについて、そして大切な人や物をみんなでみまもり支えあえる地域づくりの礎を築くために、参加いただいた方々に互助の力の大切さに気付いていただけるよう、令和2年2月2日(日曜日)に常磐会学園大学におきまして講演会を開催しました。

講師には、大阪大学大学院准教授の山川みやえ氏と、一般社団法人セーフティネットリンケージ代表理事の高原達也氏をお迎えして開催し、民生委員・児童委員をはじめとする区民のみなさん約160名の参加がありました。

※主催:平野区民生委員児童委員協議会、平野区役所

講演会ちらし

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

講演会の内容

第1部では、地域包括ケアシステムにおける多職種によるネットワークづくりを進めるためにも、地域での学びあいやつながりから生まれる支えあいの大切さについて、山川氏からご講演いただきました。

第2部では、大切な人や物をみんなで守るためICTを活用した事業を開始されたことを踏まえ、地域の方に互助の大切さに気付いていただき、支えあいの地域づくりの礎となるよう、高原氏よりご講演いただきました。

山川氏による講演の様子
別ウィンドウで開く
高原氏による講演の様子
別ウィンドウで開く

最後に稲嶺区長からの講評と、ご講演いただきました山川氏と高原氏との対談も行いました。

対談の様子

参加いただいた方からは、「新しい見守りの形があることに気付いた」「相手の気持ちを考え、声かけや見守りをしたいと思った」等、講演会を通じてさまざまな気づきがあったと評価をいただいています。特にICTを活用した見守りの仕組みに多くの方が感心を持たれ、良いご感想をいただきました。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市平野区役所 保健福祉課地域福祉グループ

〒547-8580 大阪市平野区背戸口3丁目8番19号(平野区役所3階)

電話:06-4302-9857

ファックス:06-4302-9943

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示