ページの先頭です
メニューの終端です。

お互いに支えあえる地域づくりのため、福祉活動に奮闘するコーディネーターへの支援をお願いします。

2022年7月30日

ページ番号:573016

ふるさと寄附金で、「地域福祉活動コーディネーター」を応援してください。

地域福祉活動コーディネーター事業について

 大阪市平野区では、2017(H29)年7月に、第2期となる地域福祉計画を策定し、みなさんがお住いの地域でつながり、支えあいながら、暮らしやすいまちづくりをめざしています。

 この計画では、3つの目標、「心豊かなコミュニティづくり」「支えあいのひろがり」「担い手同士の関係づくり」と、これを実現するための、5つの大きな取り組みの方向性、「高齢者が暮らしやすい平野区をめざして」「認知症になっても安心して暮らし続けることができる平野区をめざして」「障がいのある人もない人も支えあえる平野区をめざして」「こども・子育て世帯をみんなで支ええる平野区をめざして」「平野区におけるセイフティーネットの構築」をそれぞれ定めています。

 これを区民の皆さんや事業者のみなさん、関係機関やNPOのみなさん、社会福祉協議会のみなさんとともに、平野区が一体となり、取り組みを進めています。

 特に、おおむね小学校エリアにおける各地域での福祉活動においては、ご近所づきあいから、ちょっとした困りごとの相談、見守りが必要な人への支援、地域内の行事への協力など、各地域における顔の見える関係づくりなど、日常的な積み重ねがとても重要であると考えています。

 このための中心となる人材として「地域福祉活動コーディネーター」を各地域に配置し、日々の福祉活動にも重点を置いています。

 現在、23地域ごとに活動を進めていますが、コロナ禍の影響で、体を動かすことが少なくなったり、外出する機会の減少により、自宅にこもりがちになるなど、そういった方々への声かけなど、この地域福祉活動コーディネーターが中心となり、進めていくことも重要です。

 これからも、ますます、ニーズは増加すると予想されます。

しかしながら・・・

 当該事業にかかる予算の確保が限界に達しています。

 平野区役所が所管する予算も厳しい状況が続いており、毎年削減され、当該事業についても、減額が続いています。

 しかし、「地域福祉活動コーディネーター」は地域における重要な人材であり、何としても、事業を継続していかなければなりません。

そこで、みなさんにご協力をいただきたく、お願い申しあげます。

 現在、大阪市の区政推進基金のうち、平野区の基金にかかる要綱において、寄附の活用先としては、

 「お互いに支えあえる地域づくりのため、日々福祉活動に奮闘するコーディネーターへの支援(地域の福祉支援体制の構築)~心温まる地域、暮らしやすい地域づくりに向けて~」として、この事業に応援いただくことができる仕組みとしています。

 どうかご理解いただき、ご賛同いただければ、幸いです。

平野区のふるさと寄附金にかかる詳細等は、次のリンク先をご覧願います。

◇大阪市平野区区政推進基金のホームページ→→こちら

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市平野区役所 保健福祉課地域福祉グループ

〒547-8580 大阪市平野区背戸口3丁目8番19号(平野区役所3階)

電話:06-4302-9857

ファックス:06-4302-9943

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示