ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 阿倍野区グローバル人材育成支援事業アンケート送付にかかる、受託事業者におけるメール送信方法誤りによる個人情報の漏えいについて

報道発表資料 阿倍野区グローバル人材育成支援事業アンケート送付にかかる、受託事業者におけるメール送信方法誤りによる個人情報の漏えいについて

2019年12月26日

ページ番号:490209

問合せ先:阿倍野区役所市民協働課(教育支援)(06-6622-9786)

令和元年12月26日 14時発表

 大阪市阿倍野区役所市民協働課(教育支援)が委託し実施している「グローバル人材育成支援事業」において、受託事業者が英語講座に参加した児童の保護者向けに、令和元年12月24日(火曜日)、一斉メール送信を行った際に、メールアドレスを「BCC」(メールアドレスおよび電子メール表示名が他の送信相手に表示されない)に入力すべきところ、「TO(宛先)」(メールアドレスおよび電子メール表示名が他の送信相手にも表示される)に入力して送信したため、個人情報が漏えいしたことが判明しました。
 個人情報漏えいという重大な事態を発生させ、保護者ならびに関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことに深くお詫び申しあげますとともに、市民の皆さまの信頼を損なることになりましたことを深く反省し、再発防止に努めてまいります。

1 経過と概要

 令和元年12月24日(火曜日)17時30分頃、受託事業者が英語講座に参加いただいた児童の保護者61名に対して、事後アンケートの目的で一斉メール送信を行いました。
 12月25日(水曜日)13時頃、2名の保護者からのメール連絡で送信事故に気付いた受託事業者より、阿倍野区役所担当者が報告を受け、個人情報が漏えいしたことが判明しました。

2 漏えいした個人情報

英語講座に参加した児童の保護者のメールアドレス

3 判明後の対応

 メールアドレスが漏えいした方々には、令和元年12月25日(水曜日)に、受託事業者より電子メールによる個人情報等の漏えいに至った経過を説明するとともに、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申しあげ、当該メールの削除を依頼しました。

4 発生原因

 メール送信の際にメールアドレスをBCCに入力しているかを十分に確認すべきところ、確認が不十分であったことが原因です。

5 再発防止策

 今回の漏えい事故については、メール送信前の確認作業が不十分であったことが原因であるため、個人情報を取り扱うメールを送信する際は、入力内容(宛先、宛先の形式(TO、CC、BCC)、本文内容等)について、誤りがないかを複数人による確認を徹底し再発防止に努めるよう、受託事業者へ指導してまいります。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 阿倍野区グローバル人材育成支援事業アンケート送付にかかる、受託事業者におけるメール送信方法誤りによる個人情報の漏えいについて