ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 阿倍野区役所保健福祉課(地域保健)における新型コロナウイルス感染症患者にかかる疫学調査の未実施について

報道発表資料 阿倍野区役所保健福祉課(地域保健)における新型コロナウイルス感染症患者にかかる疫学調査の未実施について

2021年5月13日

ページ番号:535638

問合せ先:阿倍野区役所保健福祉課(地域保健)(06-6622-9710)

令和3年5月13日 23時15分発表

 大阪市阿倍野区役所保健福祉課(地域保健)において、令和3年4月27日(火曜日)に陽性が判明した新型コロナウイルス感染症患者に対し、疫学調査を行っていなかったことが判明しました。
 このような事案が発生したことにつきまして、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことに深くお詫び申しあげますとともに、市民の皆さまの信頼を損ねることになりましたことを深く反省し、再発防止に努めてまいります。

1 事案の概要

 令和3年5月12日(水曜日)の午前、新型コロナウイルスの陽性告知を受けられた区民の方(以下「A氏」という。)のご家族から大阪市新型コロナ受診相談センターへ、体調がすぐれないことや、大阪市保健所からの連絡がないことについての相談があり、大阪市保健所においてA氏の受付記録を確認したところ記録が見当たらず、同日13時10分、当区役所保健福祉課(地域保健)に問合せがありました。調査したところ、令和3年4月27日(火曜日)に阿倍野区内の医療機関からA氏にかかる「新型コロナウイルス感染症発生届」(以下「発生届」という。)をファックスで受信しており、大阪市保健所にメール送信することを失念したまま簿冊に保管されていたことから、A氏に対する疫学調査を行っていないことが判明しました。その結果、A氏の健康観察による、病状に応じた助言や指導ができていませんでした。

2 原因

 大阪市保健所へのメール送信について、担当者が発生届のデータを送信したものと思い込んでいたこと、また進捗管理を行う仕組みがなかったことが原因です。

3 判明後の対応

 令和3年5月12日(水曜日)に大阪市保健所へ発生届を送付し、大阪市保健所医師からの要請により、同日21時頃区役所職員がご自宅を訪問し、健康観察のためパルスオキシメーター(経皮的血中酸素飽和度測定器)をお渡しするとともに、経過を説明のうえ謝罪し、了承いただきました。
 A氏におかれましては、ご自身でパルスオキシメーターの測定結果を保健所医師に伝え、医師の判断と助言を受け、同日中に入院されました。疫学調査については、令和3年5月13日(木曜日)に行い、濃厚接触者に該当する方は、おられないことが確認できています。
 なお、同様の事案がなかったかについて、現在調査を行っています。

4 再発防止

 発生届の事務については、新たにメール送信確認作業を含む事務進捗管理表を作成し、職員へ周知徹底することで再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 阿倍野区役所保健福祉課(地域保健)における新型コロナウイルス感染症患者にかかる疫学調査の未実施について