ページの先頭です

報道発表資料 旭区の魅力!新たな「旭区ブランド」・「旭わがまちお宝」を認定しました!

2019年8月21日

ページ番号:444219

問合せ先:旭区役所 企画総務課(まち魅力)(06-6957-9009)

令和元年8月21日 14時発表

 大阪市旭区役所は、区の魅力向上のため、「旭区ブランド」・「旭わがまちお宝」を認定していますが、この度、新たな「旭区ブランド」(4件)・「旭わがまちお宝」(7件)を認定しましたのでお知らせします。

 旭区を誇りに思い、郷土愛や愛着を深めてもらうとともに、多くの人々が訪れる活気あるまちの実現に向けて、「旭区ブランド」、「旭わがまちお宝」の積極的な情報発信に取り組み、旭区の魅力を発信してまいります。

 また、令和元年8月24日(土曜日)に開催する第45回「旭区民まつり」において、「旭区ブランド・いち押し」に認定されている大日本正義流剣舞術神義館「多田正満」さんと女流吟士「河野李岳」さんによる剣舞と詩吟の披露(17時30分頃)や「旭区ブランド」等のPR展示を行います。

「旭区ブランド」・「旭わがまちお宝」とは

 まち魅力推進会議(平成30年1月から開催)での議論を進めながら、以下の基準で旭区役所が認定しています。

  • 「旭区ブランド」:旭区全体の魅力向上を図り、まちの活性化に資するもの(認定基準:客観的に評価できるもの・10年後も対外的に評価できるもの)
  • 「旭区ブランド・いち押し」:「旭区ブランド」の中より地元に愛され「これを推していきたい」という機運を高め、旭区のブランディング向上と地域のイノベーション効果をけん引するもの(テーマに基づいて認定)
    (注)現在のテーマ:古き良き歴史情緒に溢れ、伝統芸能に触れる街、住みやすいまち旭区
  • 「旭わがまちお宝」:旭区らしさの再発見や、「旭区の名物づくり」に取り組むことで、まちの活性化につなげていくもの

「旭区ブランド」を認定

 「旭区ブランド」を新たに4件認定し、合計19件となりました。旭区の誇りとして区内外にアピールし、「旭区ブランド」の浸透と区のブランディング向上に取り組みます。

新たな「旭区ブランド」
大阪工業大学
大阪工業大学の写真

 大阪工業大学では、工作実験フェア等、地域の子どもを対象とした地域活動も積極的に実施しています。また、グローバル人材の育成を目指し、海外有力大学との連携や研究・教育交流を推進しており、卒業生は、全国240大学の実就職率ランキングにおいて関西私立大学で9年連続トップに輝くなど高い評価を得ています。

中野こども病院
中野こども病院の写真

 全国でも少ない民間の24時間365日救急医療を行う小児専門病院。併設の児童心理研究所には心理士が常勤し、心身両面から医療を提供。病児保育等、子育て支援も積極的に行うなど子育て世代の方にはなくてはならない存在です。また、病院の前の道路が通学路のため、職員が毎日交代で登下校の見守りを行う等、地域に密着した病院です。

株式会社村上衡器製作所
株式会社村上衡器製作所の写真

 原材料から完成品まで社内で一貫して製造している質量の計量器メーカー。主な事業として、天びん製造、分銅製造、質量校正・検査を行っており、月間200~300台という大量な台数の天びんを生産しているのは国内では村上衡器製作所のみ。国内トップシェアの技術で教育・製造現場に貢献していることが評価され、「大阪ものづくり優良企業賞2016」を受賞するなど高い信頼を得ています。

森小路遺跡
森小路遺跡の写真

 昭和6年(1931年)に発見された遺跡。弥生期から古墳時代までの集落跡が、新森中央公園を中心に半径400メートルの範囲で発見され、弥生式土器、石器、木器、須恵器、製塩土器、玉類などが出土している。旭区民センター別ウィンドウで開く内の郷土史料室で出土品や復元模型のパネル展示がされており、その後の森小路遺跡など旭区の歴史を学ぶことができる。

「旭わがまちお宝」を認定

 「旭わがまちお宝」を新たに7件認定し、合計67件となりました。旭区に住んでみたいと思うきっかけづくりとみんなが愛するまちづくりのため、さらに裾野を広げていきます。

新たな「旭わがまちお宝」

探している情報が見つからない