ページの先頭です

報道発表資料 旭区役所保健福祉課(保健・子育て支援)における個人情報が記載された報告書の紛失について

2019年2月19日

ページ番号:462340

問合せ先:旭区役所 保健福祉課(保健・子育て支援)(06‐6957‐9912)

平成31年2月19日 14時発表

 大阪市旭区役所保健福祉課(保健・子育て支援)において、予防接種(BCG)で副反応が現れた事例を大阪市保健所に報告するための「事例報告書」と「予防接種経過報告書」を紛失したことが判明いたしました。

 このたびの事案が発生したことにつきまして、関係の皆様にご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねることになったことに対しまして深くお詫び申しあげるとともに、再発防止に努めてまいります。

1 事案の概要

 平成30年11月7日(水曜日)に予防接種(BCG)を受けたある幼児に副反応が現れたため、平成30年12月17日(月曜日)に当該幼児とその保護者に面接し、保健福祉課(保健・子育て支援)の担当者が作成した「事例報告書」に報告の同意として保護者の署名をいただきました。

 平成31年1月16日(水曜日)に、「事例報告書」及び「予防接種経過報告書」を大阪市保健所に提出するための決裁を回付しました。

 同月29日(火曜日)に、約2週間が経過しているのに決裁が戻っていないことに気付いた担当者が、複数の職員に確認するとともに、担当内の全職員により事務所内をくまなく探しましたが見当たりませんでした。

 平成31年2月8日(金曜日)に、担当者が保護者の自宅を訪問し、紛失の状態にある件を説明の上謝罪し、改めて作成した「事例報告書」に保護者の署名をいただき、その「事例報告書」と新たに作成した「予防接種経過報告書」について、改めて決裁を回付しました。

 同月13日(水曜日)に、「事例報告書」及び「予防接種経過報告書」を大阪市保健所に送付しました。

 なお、「事例報告書」及び「予防接種経過報告書」は現在も発見には至っておりませんが、外部に持ち出すものではなく、不要な書類と紛れてシュレッダーをした可能性もあります。

2 紛失した「事例報告書」及び「予防接種経過報告書」に含まれる個人情報(2名分)

  • 幼児の氏名、生年月日、性別、住所、接種日
  • 保護者の氏名
  • 副反応の状況と経過
  • 精密検査結果

3 原因

 本件の決裁の回付中に、ある職員が別の職員に手渡しせずに机上に置き、他の書類と紛れてしまったことが原因であると考えられます。

4 再発防止策

 今回の事態を厳粛に受け止め、保健福祉課(保健・子育て支援)の全職員に対し改めて個人情報に関する研修を行い、個人情報を扱う際の具体的な留意点を再確認し、個人情報が記載されている決裁などについての意識を高めます。また、机上や職場の整理整頓の徹底を進めるなど、書類の紛失を未然に防止する策を講じてまいります。

探している情報が見つからない