ページの先頭です

報道発表資料 「中央区 見てある記」事業~ 船場の魅力を語る・写す・発信する ~を開催します

2019年8月28日

ページ番号:478245

問合せ先:中央区役所市民協働課(まち魅力推進グループ)(06-6267-9832)

令和元年8月28日 14時発表

 大阪市中央区役所では、中央区のまちの魅力を再発見し、より広く、より深く堪能いただく「中央区 見てある記」事業~ 船場の魅力を語る・写す・発信する ~を新たに実施します。

 第1弾として、令和元年10月5日(土曜日)に船場をフィールドとし、「プロの写真家から学ぶSNS映えする写真撮影会」と「建築家と写真家によるトークイベント」を開催します。

 写真撮影会では、参加者が新進気鋭の写真家とともにまちを歩きながら、写真家のアドバイスのもと、船場の歴史や文化が感じられるレトロな建物や街並みをSNS映えする写真にとり、SNSで発信いただきます。その後、建築家、写真家とともに、撮影会で実際に撮影した写真を見ながら、船場の魅力を実感し、魅力的な写真撮影のコツを学べるトークイベントを開催します。

 このイベントは同日に開催されている、船場まつり別ウィンドウで開くとも連携し、船場の魅力発信につなげていきます。

 今後の「中央区 見てある記」事業については、詳細が決まり次第発表します。

内容

1.建築家と写真家によるトークイベント
概要

 建築家と写真家それぞれの視点から、船場のまちの魅力について語っていただくとともに、撮影会で実際に撮影した写真を見ながら、魅力的な写真撮影のコツを学んでいただくトークイベントを開催します。

(注)トークイベントのみに参加いただいても結構です。

日時

令和元年10月5日(土曜日)11時30分~12時30分

場所
定員
80名
出演

松富謙一さん(中央区在住の建築家、CASEまちづくり研究所代表)

林和美さん(フォトライフプランナー、ギャラリーNADAR主宰)

2.プロの写真家から学ぶ SNS映えする写真撮影会
概要

 写真家とともに船場界隈を歩き、写真家のアドバイスを得ながら、近代建築物や名所等、船場が有する魅力的なまちなみをSNS映えする写真に収めていただきます。撮影したお気に入りの写真を、参加者のSNSで発信していただきます。

 普段は内部まで見ることができない近代建築物”現役で活躍している生きた建築物”にも立ち寄るなど、船場のまちの魅力を深く楽しんでいただきます。

(注1)撮影会参加者は引き続きトークイベントにも参加していただきます。

(注2)ご自身のデジタルカメラ、スマートフォンなどをご持参ください。

日時
令和元年10月5日(土曜日)9時~11時20分
集合場所
大阪証券取引所ビル1階アトリウム(大阪市中央区北浜1-8-16)
ルート

大阪証券取引所ビル~少彦名神社~船場ビルディング~綿業会館~南御堂などを3グループにわかれて歩きます。

(注1)ルートは変更の可能性があります。

(注2)建物の内部は撮影できないところや、SNSでアップできない撮影箇所がありますので、スタッフの指示に従っていただきます。

定員

30名

講師

林和美さん(前出)

宇野真由子さん(写真家)

みやちとーるさん(写真家)

対象

中央区内在住・在勤・在学の方

申込方法

往復はがきまたはメールにて、1.住所 2.氏名(応募者全員) 3.年齢(応募者全員) 4.日中連絡のつく電話番号 5.希望コース(1トークイベントのみ又は1トークイベント、2写真撮影会両方)6.応募人数(合計3名まで)をご記入のうえ、お申し込みください。

(注)応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

締切

令和元年9月20日(金曜日)必着

申込先

〒530-0041 大阪市北区天神橋1-1-1

街角企画株式会社「中央区見てある記」係

電話 06-6358-0712

メール宛先 guidenavi@machikadokikaku.com

メール件名 「中央区 見てある記」参加申込

船場の魅力を語る・写す・発信する~建築家と写真家によるトークイベント&プロの写真家から学ぶ~チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

主催

大阪市中央区役所

その他

 取材を希望される場合は、10月4日(金曜日)15時までに、中央区役所 市民協働課(まち魅力推進グループ)(電話:06-6267-9832)にご連絡ください。

探している情報が見つからない