ページの先頭です

報道発表資料 介護保険要介護(要支援)認定申請に係る介護認定審査会資料の紛失について

2016年11月1日

ページ番号:380516

問合せ先:福祉局高齢者施策部介護保険課認定グループ(06-4392-1726)・ 西淀川区役所保健福祉課福祉サービスグループ(06-6478-9853)

平成28年11月1日 14時発表

 大阪市認定事務センター(以下「認定事務センター」といいます。)では、介護保険要介護・要支援認定事務を行っていますが、この度、認定事務センターから西淀川区役所あてに、本市組織相互間の文書逓送により発送しました審査会補助職員が使用する介護認定審査会資料(システム内に保管されているデータをプリントアウトしたもの)(以下「審査会資料」といいます。)が紛失していることが判明しました。
 このような事案が発生したことにつきましては、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損なうことになりましたことを深く反省し、お詫び申し上げます。
 なお、当該資料は、本市組織内において紛失したものであり、外部への漏えいの可能性はないものと考えております。

1 経過と概要

 平成28年10月12日(水曜日)に認定事務センターにおいて、介護保険要介護・要支援認定事務の受託事業者の職員が、審査会資料(同月14日に西淀川区役所で開催される介護認定審査会において審査会補助職員が使用する文書)を文書逓送で西淀川区役所保健福祉課(介護保険担当)あてに発送しましたが、審査会当日の14日に審査会補助職員が、西淀川区役所保健福祉課内で発送した審査会資料を受領しようとしたところ未着であることが判明しました。
 直ちに、認定事務センター及び西淀川区役所保健福祉課において捜索を行いましたが発見されなかったため、西淀川区役所内全課及び西淀川区役所以外の23区役所保健福祉課、福祉局介護保険課でも確認を行いましたが、現時点においても発見には至っていません。
 今後、関係者の方々には、お詫びと説明の文書をお送りさせていただくとともに、当該文書は本市組織内に存在していると考えられるため、引き続き捜索し、回収に努めてまいります。

 

2 紛失した文書及び文書に記載されている個人情報、人数

  • 紛失した文書

          審査会資料(介護保険システム内に保存されている情報をプリントアウトしたもの)

  • 紛失した文書に記載されている個人情報

         氏名、生年月日、性別、年齢、介護保険被保険者番号、一次判定結果、認定調査票の記載内容(身体機能の状況等)、主治医意見書の記載内容(住所・意見書作成医療機関及び医師名・傷病名等の傷病に関する意見・心身の状態に関する意見等)

  • 人数

        35名分

3 原因

 審査会補助職員用の審査会資料を各区役所あてに逓送便で発送する際には、集配時刻ごとに作成している発送管理簿に宛先等を記載した後、別の者が発送管理簿と送付物を確認し、文書逓送用のジュラルミンケースに格納、施錠し、逓送受託業者に引き渡しております。
 文書逓送の流れは、認定事務センターでの受領後、市役所内の文書交換所で宛先別に仕分けされ施錠したうえで各所属に配送され、各所属の文書担当部署において所属内の各課別に仕分けされますが、その間の過程で何らかの事故が発生したものと考えます。

4 再発防止策

 認定事務センターにおいては、発送に際し、宛先ごとに発送数量を集計、確認したうえで逓送用のジュラルミンケースに格納、施錠し、逓送業務受託業者に引き渡していますが、引き続き厳重な確認作業を継続するとともに、審査会関係資料を発送する際には、当該資料であることがわかりやすいよう専用の逓送ケースへ封入することに変更します。
 また、西淀川区役所保健福祉課においては、審査会資料の受付記録を行い、日々の認定事務センターからの送付の遅延がないことを確認します。
 

探している情報が見つからない