ページの先頭です

報道発表資料 特定健康診査における新たな不適切な取扱いの判明について(続報)

2017年1月20日

ページ番号:387443

問合せ先:福祉局 生活福祉部 保険年金課(06-6208-9875)

平成29年1月20日 14時発表

 大阪市福祉局では、平成281213、大阪市国民健康保険の「特定健康診査(集団健診)」を受託している社会医療法人愛仁会(以下、「同法人」と言う)が実施した健診のうち、平成28924日に実施した城東区保健福祉センターにおける健診について、不必要な採血を行うという不適切な取扱いがあったことを発表しました。その際、同法人からの顛末書を受けて他の健診会場では不適切な取扱いはなかったと発表していました。

 その後、市民の方から、924日以外の健診会場においても同様の不適切な取扱いが行われていたとの申し出があったことから、同法人に対し調査を指示した結果、平成2756日から平成28925日までに同法人が実施した大阪市内全ての健診(211回 延べ11,479人)について同様の不適切な取扱いがあったことが判明しました。

 今回、1213日に事実と異なる内容を発表しましたことに対しお詫び申しあげ、改めて事実関係を発表させていただきます。また、委託する健診事業者において不適切な事案を発生させ、特定健康診査を受診された皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけし、合わせて市民の皆様の信頼を損ねることになりましたことを深く反省し、お詫び申しあげます。

 今後、同法人に対して厳正に対処してまいります。

1 事実経過

【平成281213日】

 平成28924日に城東区保健福祉センターで実施した特定健康診査において、受診者全員に不必要な採血を行うという不適切な取扱いがあったこと、並びに同法人の顛末書から、他の健診会場では同様の取扱いは無かったことを本市が報道発表。

【平成281225日】

 平成28731日に大正区保健福祉センターで実施した特定健康診査においても、不必要な採血が行われていたとの市民の方から本市への申し出。

【平成281228日】

 同法人に対して平成281226日に事実確認のための調査を本市が指示。これを受けた同法人から、外部委員を含めた法人調査委員会を立ち上げ、調査を実施したいとの申し出。

【平成29120日】

 同法人より、平成2756日から平成28925日までに実施した全健診において、不適切な取扱いがあったとの調査結果報告書の提出並びに関係者への懲戒処分について報告。

 

2 不適切な取扱いに至った経緯

 法人調査委員会の報告によると、同法人は平成27年度から新たに大阪市国民健康保険の特定健康診査を受託し、平成27年4月に健診従事者に対する業務説明会を開催した。その際、出席者から通常の検査である採血管2本分の採血と、必要に応じて行う貧血検査を含む採血管3本分の採血が混在するのは間違いが生じやすいとの意見が出たことや、健診業務に熟練していないアルバイトの看護師が多く存在することから採血漏れ等を危惧し、看護師から必要の無い採血を行うのはいかがなものかとの意見があったものの、健診実務を担当する責任者の判断で、受診者全員から3本分採血するよう、業務マニュアルを変更した。そのマニュアルに基づき平成27年度当初から平成28年9月25日までの全ての特定健康診査において、貧血検査の要否に関わらず採血管3本分の採血を行っていた。また、平成28年12月12日に本市に提出した顛末書において、平成28年9月24日以外の健診日には受診者全員に対し不必要な貧血検査のための採血を行っていないとの事実とは異なる報告を行っていた。

 なお、平成28年9月24日に健診会場において、健診従事者が受診者から直接指摘を受け、9月27日以降の健診については業務マニュアルを本市仕様書通りに改めており、適切に採血を実施している。

3 該当の健診日並びに実施区

① 平成27年度健診日:平成27年5月6日から平成28年3月10日(106回 5,806人)

  実施区:北区、浪速区、西淀川区、淀川区、旭区、鶴見区、住吉区、西成区

② 平成28年度健診日:平成28年5月1日から平成28年9月25日(105回 5,673人)

  実施区:北区、浪速区、西淀川区、淀川区、旭区、鶴見区、住吉区、西成区

               中央区、西区、大正区、東淀川区、東成区、城東区、阿倍野区、住之江区

4 同法人への対処について

 契約違反と虚偽報告をしていたことに対し、厳正なる措置を講じるために関係局と調整中です。

5 再発防止にむけて

 本市では、このような事案が発生したことを重く受け止め、受託事業者に対し、厚生労働省の「特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き」及び大阪市特定健康診査の仕様書に基づき適正かつ確実に業務を実施するためのマニュアル整備と健診従事者教育を徹底するよう指示しています。平成281213日以降の特定健康診査について、本市職員による健診会場における点検などにより、適宜、実施状況を確認し、適切に履行されるよう指導監督のもと実施しております。

 なお、同法人では、法人本部のガバナンス強化及び、管理職を含む全職員への医療倫理教育並びにコンプライアンス違反の通報窓口の設置等の再発防止対策を講じるとともに、関係職員の更迭を行うとしています。

6 法人情報

(法人名称)   社会医療法人愛仁会 

(本部所在地) 大阪市北区豊崎3丁目21号 淀川5番館4階

(業務内容)   急性期・回復期・慢性期の機能を持つ病院・介護施設・在宅サービス

                      事業(大阪府、兵庫県)

  

(受託先名称) 社会医療法人愛仁会 愛仁会総合健康センター

(所在地)        高槻市幸町43

(業務内容)    人間ドック、生活習慣病予防健診、企業健診、特定健康診査・特定保健

                       指導、健康増進のためのさまざまな教室の開講

探している情報が見つからない