ページの先頭です

報道発表資料 令和2年度「大阪市要約筆記者養成講座」受講生を募集します

2020年2月28日

ページ番号:462666

問合せ先:福祉局 障がい者施策部 障がい福祉課(06-6208-8081)

令和2年2月28日 14時発表

 大阪市は、要約筆記の技術を習得し、会議や講演等でコミュニケーション支援の活動をしていただける方を対象に、令和2年5月から大阪市要約筆記者養成講座を開催しますので、ぜひお申込みください。

 本講座は大阪市の要約筆記者として登録するために必要な「全国統一要約筆記者認定試験」への合格をめざしていただくことを目的としており、手書きにより伝える「手書きコース」と、パソコンに入力して伝える「パソコンコース」の2コースがあります。

 今回の講座を修了した方は、令和3年に行われる予定の「全国統一要約筆記者認定試験」の受験費用は免除されます。

 注:要約筆記とは、聴覚障がいのある方(とりわけ難聴者、中途失聴者)のために、話の内容をその場で文字にして伝える筆記通訳のことです。「話す」スピードは「書く」スピードより速いため、全てを文字化できないので、話の内容を要約しつつ、筆記することから「要約筆記」と呼びます。

大阪市要約筆記者養成講座の内容

 聴覚障がいの基礎知識、社会福祉の基礎知識、要約筆記に関する講義・実技などを行います。

 講座は共通科目と選択科目に分かれており、共通科目では要約筆記に必要な知識などを習得し、選択科目では手書きコースとパソコンコースに分かれて、講座・実技などを行っていきます。

受講対象者

 大阪府内に居住又は勤務されておられ、講座修了後に大阪市要約筆記者として活動が可能な方

募集人数(定員)

 手書きコース:20名程度

 パソコンコース:20名程度
 注:パソコンコースについては、講座にノートパソコン(OSはWindows8以上、Mac・タブレットは不可)を持参でき、データ保存等の基本操作ができる方。そして、キーボード操作に関して、タッチタイピングにより1分間70文字程度の文章入力ができる方。受講可能かどうか事前に入力レベルの確認を行います。

開催日程

 受講説明会:令和2年5月14日(木曜日)
 講座:令和2年5月14日(木曜日)から12月24日(木曜日)までのうちの計21回(各回13時から17時、合計84時間)。

 なお、試験までの期間に4回程度の補講(各回4時間)を任意で受講できます。

講座会場

 長居障がい者スポーツセンター(大阪市東住吉区長居公園1-32

受講費用

 無料(但しテキスト代及び教材等の一部は自費負担有)

申込期間

 令和2年3月2日(月曜日)から3月31日(火曜日)【必着】

提出書類

  1. 申込書(必要事項を記入して下さい)
  2. 作文(テーマをもとに400字以上、800字以下。様式等は問いません。)

申込方法

 提出書類について、必要事項を記入し、インターネット(大阪市電子申請システム別ウィンドウで開く)【3月2日(月曜日)9時から申込可能】または郵便により提出してください。

申込先・お問合せ先

 〒530-8201
 大阪市北区中之島1-3-20 大阪市役所6階
 福祉局障がい者施策部障がい福祉課 要約筆記者養成講座担当
 電話:06-6208-8081 ファックス:06-6202-6962
 (月曜日から金曜日の9時から17時30分まで)

申込書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない