ページの先頭です

報道発表資料 国民健康保険料等の還付加算金の未加算による未払いについて

2019年6月17日

ページ番号:472789

問合せ先:福祉局 生活福祉部 保険年金課(06-6208-9870)

令和元年6月17日 16時15分発表

 大阪市では、国民健康保険料の還付の際に、還付加算金の未払いが生じていることが判明しました。

 また、この件の調査の過程において、介護保険料においても同様の事案が生じていることが判明し、現在調査中です。介護保険料につきましては、調査終了次第あらためて結果等をお知らせします。

 このような事態が発生し、市民の信頼を大きく損なうことになったことにつきまして、深く反省いたしますとともに、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことにつきまして深くお詫び申しあげます。

1 概要と事実経過

 大阪市国民健康保険の被保険者で、国民健康保険料(以下、「国保料」という。)納付後に社会保険など他保険に加入したことにより、納めすぎとなった国保料を被保険者に還付する際は、利息にあたる還付加算金を加算してお支払いすることになっております。

 平成31年2月22日、ある区役所より、国民健康保険システムの再構築(平成29年1月)前の還付加算金が未払いとなっている事例が見受けられるとの問合せがあり、福祉局において、過去の還付加算金の支出状況を確認したところ、全区において未加算となっている可能性があることから、時効が完成していない平成26年度以降の還付金の支払いデータを確認した結果、全区で2,469人(実人数)、合計9,016,900円の未加算があることが令和元年6月17日に判明いたしました。

 なお、平成29年1月の国民健康保険システム再構築以降は、適正に還付加算金処理が行われていることを確認しています。

2 人数、金額の区別内訳

人数、金額の区別内訳
区名人数(実数)

合計金額

北区162人564,400円
都島区98人320,600円
福島区86人350,900円
此花区44人190,200円
中央区168人551,200円
西区127人489,000円
港区66人273,100円
大正区53人166,400円
天王寺区69人356,100円
浪速区86人285,500円
西淀川区61人194,200円
淀川区215人665,600円
東淀川区162人529,100円
東成区69人270,700円
生野区141人491,500円
旭区53人203,300円
城東区126人503,500円
鶴見区68人266,600円
阿倍野区82人320,100円
住之江区67人313,500円
住吉区115人441,300円
東住吉区110人401,600円
平野区135人550,600円
西成区106人317,900円
2,469人

9,016,900円

1人当たりの最高金額、最低金額

 最高金額 88,300円

 最低金額  1,000円

3 今後の対応について

 還付加算金を加算できていなかった方について、早急にお詫びの文書をお送りするとともに、還付加算金の支払い手続きを進めてまいります。

4 原因

 還付加算金の事務処理内容については、還付処理を行う各区役所に対し、昭和40年に福祉局から事務通知を発出したのみで、日常の業務で使用する事務処理要領にはその記載を行っておらず、周知が不十分であったことが原因と考えています。

5 再発防止策

 今回の事態を厳粛に受け止め、今後、このような事態が二度と発生しないよう、福祉局において事務処理要領を整備するとともに担当者会や各種研修などを通じて事務の徹底を図り、再発防止に努めます。

6 その他

 昨今、金融機関等ATM(現金自動預払機)にお金を振り込ませる特殊詐欺が横行しています。

 今回の案件に関し電話で金融機関名や口座番号を確認する事は絶対にありません。もし、このような事例があった場合は福祉局生活福祉部保険年金課収納グループ(電話06-6208-9872)やお住まいの区の区役所、警察署にご相談くださいますようお願いします。

探している情報が見つからない