ページの先頭です

報道発表資料 福祉局における個人情報及び法人情報が記載された書類の紛失について

2019年11月6日

ページ番号:484824

問合せ先:福祉局生活福祉部保護課(医療グループ)(06-6208-8043)

令和元年11月6日 14時発表

 大阪市福祉局生活福祉部保護課におきまして、個人情報及び法人情報が記載された書類を紛失したことが判明しました。

 このような事態を発生させ、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損なうことになりましたことを深くお詫び申し上げますとともに、再発防止に努めてまいります。

1 概要と経過

 令和元年10月23日(水曜日)に福祉局生活福祉部保護課において、区役所を通じて提出された生活保護法等に基づく指定医療機関更新申請関係書類(以下「更新申請書等」という。)について、当該申請法人に対し確認すべき内容があったことから、処理を一時中断し、別の事務を行うために机上で一時保管しました。

 10月25日(金曜日)に当該申請法人に対する確認を行う際に、更新申請書等が見当たらないことに担当者が気づいたため、直ちに事務室内を徹底的に捜索しましたが、現在のところ発見に至っておりません。

 なお、生活保護法等に基づく指定医療機関の更新事務は、当局事務室内で行っていることから、外部への流出はないものと考えております。

2 紛失した書類及び個人情報・法人情報

  • 生活保護法及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による歯科指定医療機関更新申請書(1通)
  • 生活保護法第49条の2第2項第2号から9号までに該当しない旨の誓約書(1通)

 申請法人の代表者の生年月日・住所、申請法人の印影

3 事故後の対応

 令和元年11月5日(火曜日)に当該申請法人に連絡し、更新申請書等の紛失について経過説明を申し上げ、再度提出していただくことについてご了承をいただきました。

4 原因

 更新申請書等を机上で一時保管し、所定の保管場所に戻すことなく、別の事務を行ったことが原因です。

5 再発防止策

 今回の事案を厳粛に受け止め、資料を保管する際は、一時的な場合であっても、所定の場所で保管することを徹底し、書類の管理を厳格に行ってまいります。

探している情報が見つからない