ページの先頭です

報道発表資料 「区民アンケート回答依頼文書在中封筒」の一時紛失について

2020年2月12日

ページ番号:494635

問合せ先:東住吉区役所政策推進課(06-4399-9818)

令和2年2月12日 14時発表

 大阪市東住吉区役所政策推進課が実施している「区民アンケート」(以下「アンケート」という。)において、委託事業者(以下「事業者」という。)より個別配付している「区民アンケート回答依頼文書在中封筒」(以下「封筒」という。)が、東住吉区内で一時紛失していたことが判明しました。

 個人情報が記載された封筒を一時紛失するという重大な事態を発生させましたことを深く反省いたしますとともに、関係者の皆様方に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねたことにつきまして、深くお詫び申しあげます。

1.事案の概要

 令和2年2月10日(月曜日)17時25分過ぎに、通報者から「区民アンケート関係資料在中」と書かれた封筒が入ったトートバッグ(以下「バッグ」という。)が、東住吉区田辺5丁目付近に落ちているという連絡がありました。

 連絡後直ぐに、区職員が現場に向かい、同日17時35分にバッグを回収しました。帰庁後、バッグの内容を確認した結果、無作為に抽出した対象者あてに配付すべき封筒95通と地図が入っていました。

 なお、事業者に確認したところ、15時頃から一時紛失していましたが、回収した封筒95通の他に紛失している封筒はないとのことです。

2.一時紛失した封筒に記載された個人情報

 住所・氏名 93名分(封筒95通のうち2名分が重複)

3.今後の対応

 封筒に個人情報が記載された93名の方に対し、ご説明の上、謝罪を行ってまいります。

4.原因

 最大300通の封筒を4つのバッグで1人が持つなど、配付に支障がでる状態であったことが原因です。

5.再発防止策

 このたび、このような事態を発生させたことを、重く受け止め深く反省し、今後、二度とこのような事態を起こさないよう、事業者及び職員に対し、個人情報の重要性を改めて認識するよう指導を行ってまいります。また、配付に支障がでない量の封筒のみを持つなど、事業者に対し、より一層の指導監督の徹底を図ってまいるとともに、再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない