ページの先頭です

報道発表資料 東住吉区役所区民企画課におけるメール誤送信による個人情報の漏えいについて

2022年11月2日

ページ番号:583688

問合せ先:東住吉区役所区民企画課(06-4399-9726)

令和4年11月2日 18時50分発表

 大阪市東住吉区役所区民企画課において、令和4年11月2日(水曜日)に、小学生対象の課外学習塾「学習塾なでしこ」事業の受講希望者名簿(以下、「名簿」という。)を、当課事業受託者へメールで送信した際、別のメールアドレスへ送信し、個人情報が漏えいしました。
 このような事態を発生させ、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、市民の皆さまの信頼を損なうこととなりましたことを深く反省し、再発防止に努めてまいります。

1 経過及び概要

 令和4年11月2日(水曜日)13時30分頃、東住吉区役所区民企画課が実施する小学生対象の名簿を受託事業者の担当者2名に送信しました。送信後、メールアドレスを確認したところ、メールアドレスに誤りがあることが判明しました。

2 漏えいした個人情報

氏名・住所・電話番号など38件

3 判明後の対応

 個人情報が漏えいした保護者には、令和4年11月2日(水曜日)以降、順次連絡をとり、経過説明と謝罪を行っております。
 また、誤ってメールを送信したメールアドレス先には、お詫びのメールを送信するとともに、届いたメールや添付の名簿を削除いただくよう依頼していますが、連絡が取れない状況です。

4 原因

 組織メールアドレスから送信せず運用管理責任者の承認を受けていなかったこと、及びメール送信時に複数人で確認をしていなかったことが原因です。

5 再発防止策

 今回の事態を厳粛に受け止め、個人情報を含むメールを外部に送信する際には差出人を組織メールアドレスに設定し、必ず運用管理責任者による承認を受けること、また複数人によるチェックを行うことを徹底します。さらに、重要管理ポイントを見直し、再度、職員に対して個人情報保護の重要性を周知することで、再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない