ページの先頭です

報道発表資料 大阪成蹊大学芸術学部の学生が提案した防災に関する作品を展示・使用します

2018年11月26日

ページ番号:452475

本件については、平成31年2月12日(火曜日)14時に内容を一部変更しています。別途変更発表をご参照ください。

問合せ先:東淀川区役所保健福祉課(安全安心企画)(06-4809-9810)

平成30年11月26日 14時発表

 大阪市東淀川区役所は、大阪成蹊大学芸術学部が実施した地域連携PBL「東淀川区の防災課題を考える」において、同大学芸術学部の学生(現3年生)が提案した内容を審査選定し、同大学との連携協定に基づいて区政に反映しています。
 今回、新たな提案を受け、その提案に沿った作品が完成しましたので、次のとおり展示・使用する機会についてお知らせします。

 なお、今後は区内で実施される防災学習や防災イベントに活用し、区民の防災意識向上に取り組んでまいります。

(注)地域連携PBL(Project-Based Learning)とは
社会・地域にある課題を解決するために、学生たちによる課題分析・企画作成・プレゼンテーション実施などを含めた課題解決型学習

作品内容

テジタル紙芝居

 自助(自分の命を守る)の取り組み促進をめざして、児童・幼児等に対する防災学習に使用できるアニメーションを制作しました。

 災害発生時の状況を映像と音声で伝えることで、子どもたちに分かりやすく記憶に残りやすい学習効果が期待できます。

デジタル紙芝居
別ウィンドウで開く
漫画でわかる防災
 伝達手段の確保の観点から、防災に関心が薄いと思われる若年層にも親しみやすい漫画で表現し、フェイスブックやツイッターなどを通じて、防災について広報します。
漫画でわかる防災
別ウィンドウで開く
ペタッとステッカー

 安全で安心できる避難所環境をめざして、避難所のどこに何があるかを見つけやすくするために、避難所における部屋の表示をピクトグラム等で分かりやすく表示し、シールで貼り付けます。

 シールは日本語・英語・中国語・韓国語対応となっており、他には「トイレ」・「救護所」・「受付」といった場所の表示や、「妊産婦」・「障がい者」・「高齢者」といった、人の状況を捉えたものもあります。

ペタッとステッカー

展示・使用について

展示・使用の日時・場所
提案内容  実施日・時間事業名場所

 デジタル紙芝居

漫画でわかる防災

 平成30年12月1日

(土曜日)

13時から16時

第6回 食育展

東淀川区役所4階

東淀川区豊新2-1-4

ペタッとステッカー

平成31年2月24日

(日曜日)

8時45分から12時

菅原地域防災訓練

菅原小学校

東淀川区菅原6-3-25

取材について

  • 取材を希望される場合は、事業実施日より前の開庁日(月曜日から金曜日)15時までに、東淀川区役所保健福祉課(安全安心企画)担当あてにご連絡ください。
  • 取材中は必ず自社腕章、社員証(記者証)、又は「市政記者カード」のいずれかを見えやすいところに着用してください。
  • 腕章等を着用しない方には入場をお断りすることがありますのでご注意ください。
  • 取材中は、事業進行の妨げにならないよう、職員の指示に従っていただきますようお願いします。