ページの先頭です

報道発表資料 「広報ひがしよどがわ」3月号の不法投棄に伴う個人情報の流出について

2019年5月14日

ページ番号:469439

問合せ先:東淀川区役所総務課(広報・広聴相談・総合企画)(06-4809-9684)

令和元年5月14日 22時10分発表

 大阪市東淀川区役所総務課(総合企画)において、委託事業者より個別配付している「広報ひがしよどがわ」が、阿倍野区内の公園に不法投棄され、それに伴い個人情報が流出したことが判明しました。

 このような事案が発生したことにつきまして、関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

1.事案の概要

 東淀川区広報紙「広報ひがしよどがわ」につきましては、発行日に新聞折込でお届けしているほか、新聞を購読していないなどで配送を希望される方には委託事業者によりビニール封筒に封詰め・宛名ラベル貼付のうえ個別配付を行っています。

 令和元年5月10日(金曜日)17時45分頃、市民の方より、阿倍野区の長池公園に平成31年4月26日以前から3つ折りで透明のビニール封筒に入った状態の「広報ひがしよどがわ」が大量に廃棄されているとの電話がありました。

 令和元年5月13日(月曜日)午後、区役所職員が現地に向かったところ、ビニール封筒に入り、宛名シールが貼付された状態の「広報ひがしよどがわ」3月号が不法投棄されていることを確認しました。

2.不法投棄されていた「広報ひがしよどがわ」

3.流出した個人情報

 郵便番号・住所・氏名 128名分

4.対応

 不法投棄されていた「広報ひがしよどがわ」を直ちに回収いたしました。現在、平成30年度に配付を委託していた事業者に対して聞き取り調査を行い、原因の究明と必要な対応を検討しています。

 また、個人情報が流出した128名のうち、宛名シールの損傷により個人の特定ができない37名を除いた91名の方に対し、謝罪を行ってまいります。

探している情報が見つからない