ページの先頭です

報道発表資料 第4回東淀川みらいEXPO「 “道標”あなたなら、どうする?」を開催します

2019年11月11日

ページ番号:484099

問合せ先:東淀川区役所 地域課(06-4809-9713)

令和元年11月11日 14時発表

 大阪市東淀川区役所では、令和元年12月12日(木曜日)に、東淀川区の未来について、組織や立場を超えて話し合う交流の場、「東淀川みらいEXPO」を開催します。

 第4回目となる今回は「“道標”あなたなら、どうする?」と題して、少子高齢・人材不足・防災・見守りなどの様々な地域課題にどのように対応するかについて、区内3地域及び阪南市箱の浦自治会まちづくり協議会からゲストを招き、活動事例紹介を行ったあと、質疑応答等の意見交換会を行うことで、地域を超えた参加者同士の交流と新たなアイデアの創出を図ります。


第3回東淀川みらいEXPOの様子(1)


第3回東淀川みらいEXPOの様子(2)

開催概要

日時
令和元年12月12日(木曜日)18時45分から21時
場所
東淀川区役所3階 区民ホール(大阪市東淀川区豊新2丁目1番4号) 
対象
  • 東淀川区の地域活動従事者
  • 東淀川区に在住、在勤、在学の方
  • 東淀川区内の地域活動に興味・関心のある方
参加費
無料
定員
50名程度
申込方法

 申込書に必要事項を記入のうえ、12月10日(火曜日)までに、東淀川区役所地域課あてファックス(06-6327-1970)又はメールでお申し込みください。メールの宛先については、申込書を参照してください。

申込書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

プログラム

  1. 開会式(挨拶・趣旨説明)
  2. 活動事例紹介
  3. 意見交換会(質疑応答等)
  4. 閉会式(全体共有・アンケート等)
事例紹介(順不同)
  • 災害に備えて防災意識を高めたい!あなたなら、どうする?(東淀川区菅原地域)
  • 子ども見守り、子育て世代の地域参加!あなたなら、どうする?(東淀川区豊里地域)
  • 地域住民の思いを形にしたい!あなたなら、どうする?(東淀川区豊新地域)
  • 高齢化、独居暮らし、買い物難民!あなたなら、どうする?(阪南市箱の浦自治会まちづくり協議会)
【特別参加】箱の浦自治会まちづくり協議会

 大阪府と和歌山県の境、大阪湾と和泉山脈に囲まれた位置にあり、阪南市(人口56,000人)の南西部海沿いにある1968年から売り出された人口およそ2,000人の一戸建ての住宅地です。今から40年前はニュータウンと呼ばれる地域でしたが、今では高齢化が進みオールドタウン化しています。高齢化率が30パーセントを超える箱の浦団地で、「箱の浦のことは箱の浦で解決する」をモットーに高齢者が抱える問題など地域の困りごとを次々に事業化しています。

 行政からの補助金に頼らず、高齢者の憩いの場「おしゃべりサロン」の開設や買い物難民解消のための「箱の浦・朝市」、日常の困りごとを解決する「お助け隊」、最寄り駅まで1日16便も往復する「会員制送迎」など、次々と事業を展開して、問題を解決するだけでなく、コミュニティや地域経済の活性化につなげています。

 CSOアワード2016(社会課題解決に取り組む団体を表彰)大賞、第14回読売福祉文化賞(2016年度)、2017年度近畿ろうきんNPOアワード奨励賞を受賞。

取材について

  • 取材を希望される場合は、令和元年12月9日(月曜日)17時までに、東淀川区役所地域課(電話:06-4809-9826)へご連絡ください。
  • 取材に際しては、自社腕章または市政記者カード等を着用するとともに、事業の支障とならないようお願いします。

探している情報が見つからない