ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 東淀川区役所保健福祉課(高齢者・障がい者(保健福祉))における特別障がい者手当及び障がい児福祉手当の事務処理漏れについて

報道発表資料 東淀川区役所保健福祉課(高齢者・障がい者(保健福祉))における特別障がい者手当及び障がい児福祉手当の事務処理漏れについて

2019年11月6日

ページ番号:484855

問合せ先:東淀川区役所保健福祉課(高齢者・障がい者(保健福祉))(06-4809-9853)

令和元年11月6日 16時55分発表

  大阪市東淀川区役所保健福祉課(高齢者・障がい者(保健福祉))において、特別障がい者手当及び、障がい児福祉手当の現況届の事務処理漏れにより13名分について、本来の支給日である令和元年11月8日(金曜日)に指定口座への振り込みができないことが判明しました。

 このような重大な事案を発生させたことにつきまして、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねることになりましたことを深くお詫び申しあげます。今回の事態を厳粛に受け止め、今後このようなことのないよう努めてまいります。

1.経過と概要

 令和元年11月1日(金曜日)に、特別障がい者手当及び障がい児福祉手当の現況届対象者一覧にある受付状況と未提出者一覧及び11月支払対象者一覧を照合したところ、特別障がい者手当6名分(令和元年8月分から令和元年10月分まで1人あたり81,600円、計489,600円)、障がい児福祉手当7名分(令和元年8月分から令和元年10月分まで1人あたり44,370円、計310,590円)について、現況届を受理していたにも関わらず、担当職員が総合福祉システムへ入力することを失念し、本来の支給日に指定口座への振り込みができないことが判明しました。

2.事故後の対応について

 11月1日(金曜日)と5日(火曜日)に、今回処理漏れが判明した13名の方と連絡をとり、お詫びと説明を行いました。引き続きすべての方にご理解を得られるように努めてまいります。支給につきましては早急に対応できるよう関係先と調整してまいります。

  また、他の特別障がい者手当現況届(全242件)及び障がい児福祉手当現況届(全103件)について同様の処理漏れがないか点検を行いましたが、処理漏れはありませんでした。

3.原因と再発防止策

  保健福祉課担当職員が事務処理手順を十分に理解していなかったこと、日々、総合福祉システム入力結果と提出された現況届の内容確認を行うとともに、10月17日までに現況届対象者一覧にある受付状況と未提出者一覧及び11月支払対象者一覧を照合し、システムへの入力漏れの有無を確認すべきところ、確認を行わなかったことが原因です。

 今後このような事態を再発させないため、改めて事務取扱手順の周知徹底を図るとともに、複数人による現況届とシステム入力状況との突合を行い、適正な事務処理に努めてまいります。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 東淀川区役所保健福祉課(高齢者・障がい者(保健福祉))における特別障がい者手当及び障がい児福祉手当の事務処理漏れについて