ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 これからの大阪を考えよう!大阪スマートシティ・アイデアソンの民間企業参加者を募集します

報道発表資料 これからの大阪を考えよう!大阪スマートシティ・アイデアソンの民間企業参加者を募集します

2020年1月10日

ページ番号:490905

問合せ先:ICT戦略室企画担当(06-6208-7662)

令和2年1月10日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会

 大阪府、大阪市では、令和2年1月31日(金曜日)に大阪スマートシティ・アイデアソンを開催します。

 大阪の自治体担当者と民間企業担当者が集まり、行政と民間の垣根を越えて意見交換しながら、地域課題を発見し、住民のQoL向上、行政と地域のデジタルトランスフォーメーション(注)実現をめざすアイデアソンです。

 以下のとおり民間企業の皆様の参加を募集いたしますので、奮ってご参加ください。

 

(注)デジタルトランスフォーメーション(Digitaltransformation)とは

新たな価値を創造することを目的に、デジタル技術の駆使によって既存の枠組みを変化させること。

大阪スマートシティ・アイデアソン<地域デジタルトランスフォーメーション>開催概要

1 日時
令和2年1月31日(金曜日) 13時から
2 場所
3 内容

 大阪府下のオープンデータを活用したサービスやプロダクト、活用方法について、チームに分かれアイデア出しを行います。チームごとにアイデアをまとめ発表し、その内容について審査員による審査を行い、優秀賞を選定いたします。詳しくはイベント公式ページ(外部サイト)をご覧ください。(https://techplay.jp/event/764469別ウィンドウで開く

 なお、優秀賞をはじめ当日出たアイデアから実現が期待されるものについては、実装に向けた具体的なアクションの検討を開始します。

4 ファシリテーター

Code for OSAKA代表 井上 誠氏

井上 誠氏プロフィール

Code for OSAKA代表。平成28年より、ITを活用した社会課題の解決等を通じて大阪のよりよい街づくりをめざす「Code  for  OSAKA」を立ち上げ、エンジニア、デザイナー、大学関係者、行政など約400名により構成されるコミュニティを形成。IT関連の展示会、アイデアソンやハッカソンの企画・運営、ファシリテーションを展開。

5 参加対象者
  • 大阪府内の市町村等の自治体職員
  • 行政や地域のデジタルトランスフォーメーションに関心のある民間企業担当者

(注)各20名程度で、応募者多数の場合は抽選を行います。

6 参加費
無料
7 参加申込方法
  • 大阪府内の市町村等の自治体職員:別途、各自治体宛てに大阪府から直接案内いたします。
  • 民間企業担当者:イベント公式ページ(https://techplay.jp/event/764469別ウィンドウで開く)の案内にそって、ご応募ください。

(注1)参加者には事前に資料をご案内いたします。外部からの連絡を受信できるメールアドレスをご準備ください。

(注2)参加にあたり配慮を要する事項がある方は、事前に大阪府スマートシティ戦略準備室までお問合せください。

8 参加募集期間
令和2年1月24日(金曜日)まで
9 傍聴者
(1)傍聴者定員
10名
(2)傍聴者申込方法
  • アイデアソンの傍聴・見学を希望される方は事前にメール・お電話等で大阪府スマートシティ戦略準備室までご連絡ください。
  • 会場スペースの都合上、事前申し込みのあった方のみを対象とします。
(3)傍聴者申込期限

令和2年1月29日(水曜日)

ただし、先着順となりますので、定員になり次第、申し込み受付を終了します。

10 お問合せ先

大阪府スマートシティ戦略準備室

電話:06-6944-6826

ファックス:06-6944-6078

メール:smartcity@gbox.pref.osaka.lg.jp

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 これからの大阪を考えよう!大阪スマートシティ・アイデアソンの民間企業参加者を募集します