ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 パナソニック コネクト株式会社とスマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協力に関する協定を締結します

報道発表資料 パナソニック コネクト株式会社とスマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協力に関する協定を締結します

2022年12月15日

ページ番号:582444

問合せ先:デジタル統括室 スマートシティ推進担当(06-6208-7665)

令和4年12月15日 14時発表

 大阪市は、令和4年12月15日(木曜日)に、パナソニック コネクト株式会社とスマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協力に関する協定を締結します。
 つきましては、令和4年12月15日(木曜日)15時30分より、市長公室において協定の締結式を行います。
 なお、同社と連携協定を締結するのは、政令指定都市としては本市が初となります。

1 協定について

(1)締結先
パナソニック コネクト株式会社
(2)目的
 大阪市では、2025年大阪・関西万博の開催を見据え、先端技術の利便性を住民に実感してもらえるような取組みとして、「大阪スマートシティ戦略(令和2年3月策定)別ウィンドウで開く」に基づき、行政のDX(デジタル・トランスフォーメーション)はもとより、企業や都市のDXの取組みを進めています。
 本協定は、大阪のスマートシティの実現に向けて、パナソニック コネクト株式会社が持つ顔認証技術、AIカメラをはじめとする画像解析技術等の利活用の可能性及びそれらの技術を利用するにあたっての課題の可視化等を目的とするものです。
(3)連携事項
  • スマートシティの実現に向けた画像解析技術の用途に関する調査研究及びデータ利活用のあり方についての調査研究に関すること
  • 取得したデータの適切な取扱いに関すること
  • その他両者が必要と認める事項に関すること

2 協定締結式について

(1)日時
令和4年12月15日(木曜日) 15時30分~15時50分
(2)場所
大阪市役所 5階 市長公室(大阪市北区中之島1丁目3番20号
(3)出席者
大阪市
  • 大阪市長
  • デジタル統括室長
パナソニック コネクト株式会社 現場ソリューションカンパニー
  • 西日本社社長 山口 和洋(やまぐち かずひろ)
  • 現場センシング事業本部 本部長 新妻 孝文(にいつま たかふみ)
(4)次第
  • 開式
  • 出席者紹介
  • 大阪市長 あいさつ
  • パナソニック コネクト株式会社
    現場ソリューションカンパニー 西日本社社長 あいさつ
  • 協定書の確認
  • 写真撮影
  • 質疑応答
  • 閉式

3 イベントにおける人流把握に関する実証実験

 令和4年12月16日(金曜日)及び17日(土曜日)に、「OSAKA光のルネサンス2022」のイベント会場にカメラを設置し、AIを活用した画像解析技術により、通行者の移動方向と移動量及び人の密集度合を可視化できるかを検証します。
 実証実験で得られた情報については、OSAKA光のルネサンス2022主催者と共有するとともに、安心・快適に楽しんでいただけるイベントの企画に向けて当該技術の利活用の可能性を検討します。

  • 実証の目的:安心・快適に楽しんでいただけるイベントの企画に向けて、AIによる画像解析技術の利活用の可能性を検討
  • 実証フィールド:OSAKA光のルネサンス2022(大阪市北区中之島1丁目
  • カメラ撮影目的:通行者の人流解析、通行者数カウント、密集度合の把握
  • データ取得期間:令和4年12月16日(金曜日)及び17日(土曜日)
    (注)雨天の場合は、令和4年12月18日(日曜日)、19日(月曜日)に変更します。
  • データ保存期間:令和5年2月28日(火曜日)まで
    (注)撮影データについては、映像解析後に適切に破棄します。
  • データ取得場所:みおつくしプロムナード(下図参照)
イベントにおける人流把握に関する実証実験会場(みおつくしプロムナード)の位置図

4 今後の取組み

 今後、大阪市とパナソニック コネクト株式会社は、顔認証・画像解析技術を活用し、住民へのサービス向上を含めた行政のDXやまちづくりへの活用に向けて、大阪市役所庁舎内(デジタル統括室執務室)をフィールドとした実証等を検討していきます。

(参考)パナソニック コネクト株式会社

 パナソニック コネクト株式会社別ウィンドウで開くは、令和4年(2022年)4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、B2Bソリューションの中核を担う事業会社です。
 「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」をパーパス(企業としての存在意義)として掲げ、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン、公共サービス、生活インフラ、エンターテインメント分野のお客様をつなぎ、「現場」をイノベートすることに取り組んでいます。 
 また、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の実現をめざしています。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 パナソニック コネクト株式会社とスマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協力に関する協定を締結します