ページの先頭です

報道発表資料 「ふれる。かんじる。IKUNOものづくりものがたり。VOL.2」を実施します

2019年9月30日

ページ番号:479861

問合せ先:生野区役所 地域まちづくり課(06-6715-9713)

令和元年9月30日 14時発表

 大阪市生野区役所では、令和元年11月30日(土曜日)、12月1日(日曜日)、12月7日(土曜日)、12月8日(日曜日)に小学5年生から高校生を対象とした「ふれる。かんじる。IKUNOものづくりものがたり。VOL.2」を実施します。

 ものづくりのまち生野区には、芸術性の高い伝統的な製品を制作している職人がたくさん存在します。この事業では、ガラス工芸体験、切子ガラス体験、サンダル体験、唐木体験の4つのコースから選択して、その職人に直接指導してもらえる貴重な機会になります。また今年度は、各コースともに、スマホ写真の撮り方講習やインスタグラムなどSNSに関する講習がセットになっています。

 この取組を通じて、芸術性の高い伝統的な作品の制作に触れ、感じながら、子どもたちの芸術性を育み、生野区の伝統的なものづくり文化を支える人材の育成につなげます。また保護者にも、ものづくり文化に関心を持ってもらい、親子のコミュニケーションを深めます。さらに、SNSを活用した発信方法を学ぶことで、広報に関する知識と芸術的感性を養い、自ら制作した作品や体験を発信し、生野のものづくりの魅力をより多くの方々に伝えます。

事業概要

 切子ガラス体験、ガラス工芸体験、サンダル体験、唐木体験の計4コースあります。

1.ワークショップ日程及び内容
切子ガラス体験コース(募集人数8名)
日時

11月30日(土曜日)
第1回9時30分から13時
第2回14時から17時30分
注 時間の指定はできません。(参加通知を送付する際にお知らせします)

対象
小学5年生から高校生(生野区内在住・在学の方を優先します)
場所

切子ガラス工芸研究所たくみ工房(生野区勝山南1-2-33


別ウィンドウで開く

切子ガラス体験ワークショップ制作イメージ

ガラス工芸体験コース(募集人数16名)
日時

12月1日(日曜日)
第1回9時30分から12時30分
第2回14時から17時
注 時間の指定はできません。(参加通知を送付する際にお知らせします)

対象
小学5年生から高校生(生野区内在住・在学の方を優先します)
場所

別ウィンドウで開く

ガラス工芸体験ワークショップ制作イメージ

サンダル体験コース(募集人数40名)
日時

12月7日(土曜日)
第1回9時30分から13時
第2回14時30分から18時
注 時間の指定はできません。(参加通知を送付する際にお知らせします)

対象
小学5年生から高校生と保護者(生野区内在住・在学の方を優先します)
場所

有限会社シューズ・ミニッシュ(生野区巽西1-9-24


別ウィンドウで開く

サンダル制作体験ワークショップ制作イメージ

唐木体験コース(募集人数20名)
日時

12月8日(日曜日)
13時から15時30分

対象
小学5年生から高校生と保護者(生野区内在住・在学の方を優先します)
場所

生野区民センター301号室(生野区勝山北3-13-30


別ウィンドウで開く

唐木体験ワークショップ制作イメージ

2.参加費
 無料
3.募集期間
10月1日(火曜日)から10月31日(木曜日)まで【応募多数の場合抽選】
4.応募方法

この事業の受託事業者である株式会社ジェイコムウエストが受付をしますので、応募フォーム別ウィンドウで開くまたは下記の二次元コードからアクセスし、必要事項を入力してください。応募多数の場合は抽選になります。抽選結果は郵送にてお知らせします。


別ウィンドウで開く

二次元コード(応募フォーム)

5.問合せ先

 株式会社ジェイコムウエスト大阪局 ものづくり係 

 電話:06-7890-5353(水曜日定休 10時から17時)  
6.事業チラシ

「ふれる。かんじる。IKUNOものづくりものがたり。VOL.2」チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
7.取材について
  • 取材を希望される場合は、各実施日の前開庁日の15時までに生野区役所地域まちづくり課(06-6715-9017)へご連絡ください。(土曜日・日曜日・祝日を除く)
  • 当日の受付場所は各体験実施場所です。受付で名刺受けを行いますので、名刺をご持参いただきますようお願いします。
  • 取材中は必ず自社腕章、社員証(記者証)、または「市政記者カード」のいずれかを見えやすいところに着用してください。 腕章等を着用しない方の取材はお断りすることがありますのでご注意ください。
  • カメラ取材については1社1カメラでお願いします。
  • カメラ取材は所定の位置でお願いします。
  • 取材中は、進行の妨げにならないよう、職員の指示、誘導に従っていただきますようお願いします。

探している情報が見つからない