ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 生野区全域一斉パトロール実施!~全223町会4,500人参加の「生野区丸ごとパトロール」~

報道発表資料 生野区全域一斉パトロール実施!~全223町会4,500人参加の「生野区丸ごとパトロール」~

2019年9月17日

ページ番号:479943

問合せ先:生野区役所 地域まちづくり課(06-6715-9000)

令和元年9月17日 14時発表

 大阪市生野区役所及び生野区地域振興会は、区内の街頭犯罪の抑止及び地域住民の自主防犯意識を高めることをめざし、令和元年10月11日(金曜日)、区内の全ての町会及び区内各種団体が参加して、一斉に各地域のパトロールを行います。

 この事業は、平成25年度に大阪市初の取組として実施されたものであり、地域住民が主体となって区内全ての町会から参加しています。

 平成30年度は、223町会、3,907人が参加されました。

1.出発式について

日時

令和元年10月11日(金曜日)19時開始

 (注)悪天候の場合は中止

場所

生野区役所 1階 検診スペース(大阪市生野区勝山南3-1-19

出席予定者

生野区長、生野区地域振興会会長、生野防犯協会会長、生野警察署長、生野消防署長、各連合振興町会長、各地域防犯支部長、各地域防災リーダー隊長ほか

 


出発式の様子


大阪府警スカイブルー隊(青バイ)、パトカー、区役所の青色防犯パトロールカーが出発する様子

2.一斉パトロールについて

日時

令和元年10月11日(金曜日)20時開始 

 (注)悪天候の場合は中止

場所

生野区全域

内容

約4,500人が区内全ての19連合223町会ごとに一斉パトロールを実施します。


パトロールの様子


生野区マスコットキャラクター
いくみん

3.一斉パトロールによる効果

 「自分たちのまちは自分たちで守る」を合言葉に、区民と行政が一体となったパトロール活動を行うことにより、住民一人一人の防犯意識を高揚させるとともに、区内全域で行われている防犯活動をアピールすることにより犯罪を抑止する効果があります。

 また、パトロールだけではなく、災害時を想定した無線操作訓練を兼ねており、有事の際に無線が問題なく操作できるように確認しています。

 【参加者の声(昨年度)】

  • 日頃から顔を合わす人、あまり顔を合わせない人もこの一斉パトロールに参加することで、コミュニケーションが図れ、防犯、防災の共通意識が高められた。
  • 今回一斉パトロールに参加させて頂き、とても良い体験でした。地域の繋がりを大切にする事が良かったと思います。
  • 地域、警察、消防、行政が一体となって行うこのパトロールは、有意義なこと。これからも継続を。

4.取材について

  • 取材の受付は、当日の18時から生野区役所1階区本部(検診スペース横)にて行います。受付にて受付簿の記入をお願いします。
  • 取材中は市政記者カード又は自社の腕章、社員証(記者証)のいずれかを着用してください。
  • 腕章等を着用しない場合は、入場をお断りすることがありますので、ご注意ください。
  • 取材にあたっては、出発式の進行の妨げにならないよう、職員の指示、誘導に従っていただきますようお願いします。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 生野区全域一斉パトロール実施!~全223町会4,500人参加の「生野区丸ごとパトロール」~