ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 令和元年度「知る、分かる、考える、統合型リゾート(IR)セミナー」(第7回・第8回)を開催します

報道発表資料 令和元年度「知る、分かる、考える、統合型リゾート(IR)セミナー」(第7回・第8回)を開催します

2019年10月23日

ページ番号:481572

問合せ先:IR推進局推進課推進グループ(06-6210-9236)

令和元年10月23日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会

 大阪府・大阪市は、大阪・夢洲への統合型リゾート(IR)の誘致に向けた取組みを進めており、府民・市民の皆さまにIRについて知り、考えていただくため、 令和元年度第7回及び第8回府民・市民向けセミナーを、令和元年11月29日(金曜日)及び12月10日(火曜日)に開催します。
 特定複合観光施設区域整備法等の立法過程において、その考え方や方向性に関する提言等に深く関与された、東洋大学大学院客員教授の美原融氏から、日本型IRへの期待と今後の論点をテーマに、日本型IRが何をめざし、地域にどのような効果をもたらすのか、IRを誘致した都市に求められる役割は何かなどについて講演いただきます。

1 開催概要

(1) 日時及び場所
ア 第7回
  • 日時 令和元年11月29日(金曜日) 午後2時30分から午後4時30分まで
    (受付開始は午後2時から)
  • 場所 毎日インテシオ 4階 大会議室(D・E)
    大阪市北区梅田3-4-5
イ 第8回
(2) 講師
美原 融 氏(東洋大学大学院客員教授)
(3) プログラム(予定)
  • 職員による「大阪IR基本構想(案)」の説明(30分程度)

  • 講師による講演「(仮題)日本型IRへの期待と今後の論点」(60分程度)

  • 質疑応答

(注)第7回と第8回は同じ内容です。
(注)プログラムについては変更する場合があります。

(4) 定員

各回100名

(5) 参加費
無料

2 申込方法

以下のいずれかの方法により、各期限までにお申し込みください。なお、申込みは先着順です。定員になり次第、締め切ります。

(注)セミナーの聴講にあたって配慮が必要な方は事前にお申し出ください。
(注)参加証等の配付はありませんので、申込後は直接会場へお越しください。申込みが定員に達した場合等、ご参加いただけない際にのみ、ご連絡いたします。

(1) ファクシミリ
  • セミナー名(IRセミナー)・氏名(ふりがな)・居住している市区町村名(事業者の方は会社名と所在地)・電話番号・参加する回・参加人数を記載のうえ、お申し込みください。
  • ファクシミリ番号:06-6210-9238
(2) インターネット

大阪府インターネット申請・申込みサービスよりお申し込みください。

3 申込期限

  • 第7回 令和元年11月22日(金曜日)

  • 第8回 令和元年12月3日(火曜日)

4 取材について

  • 取材の受付は、午後2時から会場入口で行います。受付で名刺受けを行いますので、名刺をご持参いただきますようお願いします。
  • 取材に際しては、必ず自社腕章、関西写真記者協会統一腕章又は市政記者カードを見えやすいところに着用してください。腕章等の着用がない場合、取材いただけないことがございますのでご注意ください。
  • 報道関係の方は、受付順に会場にご入室いただきます。
  • カメラは、別紙「配席図(取材位置)」での撮影をお願いします。また、場所が狭あいなため、カメラ取材は、1系列1社1カメラでお願いします。
  • 取材中は、セミナーの進行を妨げないよう、職員の指示、誘導に従っていただくなどご協力をお願いします。

配席図(取材位置)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 令和元年度「知る、分かる、考える、統合型リゾート(IR)セミナー」(第7回・第8回)を開催します