ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 城東区役所保健福祉課(生活支援担当)における被服費(おむつ代)にかかる事務処理遅延について

報道発表資料 城東区役所保健福祉課(生活支援担当)における被服費(おむつ代)にかかる事務処理遅延について

2020年3月2日

ページ番号:479569

問合せ先:城東区役所 保健福祉課(生活支援)(06-6930-9863)

令和2年3月2日 14時発表

 大阪市城東区役所保健福祉課(生活支援担当)において、事務処理遅延により被服費(紙おむつ代金)(以下「被服費」という)の未支給が発生していたことが判明しました。

 このような事態を発生させたことを反省しますとともに、市民の皆様の信用を損なうことになったことにつきまして、深くお詫び申し上げます。

1 事実経過

 令和2年2月20日(木曜日)、生活支援担当において長期間にわたり支払い登録がされていないデータについて自主点検を行っていたところ、平成28年1月20日(水曜日)に相手方から受領した被服費の請求書1件(20,100円)が未処理であったことを発見しました。発見後、相手方に連絡を取ったところ、未払いであることを確認しました。

2 判明後の対応

 令和2年2月20日(木曜日)に、相手方に謝罪の上、速やかに支給を行うことでご了承いただきました。また、同様のケースがないかの調査をいたしましたところ、未払いのものは当該案件のみであり、他の案件は適切に支払いが行われていたことを確認いたしました。

3 発生原因

 当該生活保護受給者が生活保護の廃止になったことに伴い、生活支援担当にて請求書を含む一件書類を事務室内の書庫に保管したままにしていたことに加え、管理職によるチェックが適切に行われていなかったことが原因です。

4 再発防止策

 生活支援担当内において当該業務を行う職員には事務処理を速やかに行うよう指導するとともに、管理職には部下職員の事務の進捗状況を随時把握することを徹底するよう指導します。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 城東区役所保健福祉課(生活支援担当)における被服費(おむつ代)にかかる事務処理遅延について