ページの先頭です

報道発表資料 城東区役所保健福祉課(子育て教育)における児童福祉施設徴収金の算定誤りについて

2021年9月13日

ページ番号:544671

問合せ先:城東区役所保健福祉課(子育て教育)(06-6930-9684)

令和3年9月13日 14時発表

 大阪市城東区役所保健福祉課(子育て教育)において、児童福祉施設徴収金の算定に誤りがあったことが判明しました。

 このような事態を発生させ、当該対象者の皆様には多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、市民の皆様の信頼を損なうことになりましたことを重く受け止め、今後このようなことがないよう再発防止に取り組んでまいります。

1 経過と概要

 令和3年9月8日(水曜日)に城東区役所保健福祉課(子育て教育)において、児童福祉施設徴収金(以下「徴収金」)の納付状況の確認を行っていたところ、令和3年度の徴収金について疑義が生じたため、改めて徴収金の算定方法を確認したところ、納入義務者の税情報を正確に反映せずに徴収金算定を行っていたことが判明しました。

 同様の事案がないか令和元年度まで確認したところ、上記の算定誤りとは別に、令和元年度制度改正(障がい児施設を除く児童福祉施設について、扶養義務者全員分の市民税額(年少扶養人数・特定扶養人数を考慮しない)により算定)に伴う処理漏れがあることが判明しました。

  1. 令和3年度
    税情報の確認漏れ 17件 増額 194,750円(納入義務者16人)
  2. 令和2年度
    税情報の確認漏れ 5件 増額 358,400円(納入義務者5人)
    制度改正による処理漏れ 3件 増額 269,800円(納入義務者3人) 

 合計25件 18人(重複する納入義務者があるため)

2 判明後の対応

 令和3年9月10日(金曜日)から、対象の納入義務者の方に、ご説明とお詫びのうえ、追加で徴収となるため納付のお願いを行っています。

 また、平成30年度以前に同様の算定誤りがないか、平成28年度まで遡って確認を行っているところです。

3 発生原因

 徴収金の決定にあたり、担当者がマニュアルを正しく理解せず事務処理を行ったこと、また複数人によるチェックができていなかったことが原因です。

4 再発防止

 今後は、マニュアルに沿って事務処理を行うよう周知徹底するとともに、複数人によるチェックを行うことで再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない