ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新たなペットボトル回収・リサイクルシステムに係る国と連携した先進的モデル事業を実施します

報道発表資料 新たなペットボトル回収・リサイクルシステムに係る国と連携した先進的モデル事業を実施します

2019年9月19日

ページ番号:480194

問合せ先:環境局 事業部 家庭ごみ減量課(06-6630-3230)

令和元年9月19日 14時発表

 大阪市は、令和元年10月1日(火曜日)より、新たなペットボトル回収・リサイクルシステム(みんなでつなげるペットボトル循環プロジェクト)に取り組むにあたり、国(環境省)と連携した「プラスチックの資源循環に関する先進的モデル事業」(以下「先進的モデル事業」という。)を実施します。

 国は、本年5月に策定された「プラスチック資源循環戦略」の実現に向けて、国民各界各層におけるプラスチックの資源循環に関する先進的な取組を創出するためのモデル事業を行うこととしており、この度、大阪市が新たに構築した本取組が「先進的モデル事業」に採択されました。

 このため、国と連携して「先進的モデル事業」を実施し、その後に本格実施することで、プラスチック資源循環をより一層推進します。

事業概要

  • 現在、資源ごみとして行政が回収している家庭から排出されるペットボトルを、地域コミュニティ(地域活動協議会等)と参画事業者が連携協働して回収します。
  • 分別の徹底により、国内におけるマテリアルリサイクル(ボトルtoボトル等)を促進し、プラスチックの資源循環を推進します。
  • 分別に対する意識をより高めていくことで、さらなるごみの減量・リサイクルを推進します。
  • コミュニティビジネスの要素を取り入れることで、自律的な地域運営へ寄与し、活力ある地域社会づくりに貢献します。
  • 先進的モデル事業として、国(環境省)と連携し、他の地域や自治体での実施に向けた課題整理、検証を行う。

実施時期

 令和元年10月(1か月間)

 なお、11月からは、大阪市単独事業として本格実施します。

実施地域及び実施事業者

緑地域(鶴見区)
  1. 地域コミュニティ名:特定非営利活動法人 緑・ふれあいの家(緑地域活動協議会)
  2. 実施事業者名:サントリーMONOZUKURIエキスパート株式会社
南市岡地域(港区)
  1. 地域コミュニティ名:特定非営利活動法人 南市岡地域活動協議会
  2. 実施事業者名:マツダ株式会社

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新たなペットボトル回収・リサイクルシステムに係る国と連携した先進的モデル事業を実施します