ページの先頭です

報道発表資料 第12回大阪PCB廃棄物処理事業監視部会を開催します

2020年1月8日

ページ番号:489441

問合せ先:環境局 環境管理部 環境管理課(産業廃棄物規制グループ) (06-6630-3280)

令和2年1月8日 14時発表

 近畿ブロック産業廃棄物処理対策推進協議会(近畿2府4県及び4政令指定都市、13中核市により構成)では、令和2年1月15日(水曜日)午後3時から港区民センターにおいて、第12回大阪PCB廃棄物処理事業監視部会を開催します。

1.開催日時

令和2年1月15日(水曜日) 午後3時から午後5時まで

2.場所

港区民センター 1階 ホール (大阪市港区弁天2丁目1-5

3.議題(予定)

 (1)大阪PCB廃棄物処理事業の進捗について
 (2)環境モニタリング調査について
 (3)その他

4.出席予定者

  • 大阪市環境局環境管理部 担当者
  • 環境省 担当者
  • 中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO) 大阪PCB処理事業所 担当者
  • 部会構成員(各自治体 担当者)

5.出席予定外部有識者

大阪PCB廃棄物処理事業監視部会外部有識者 (注)敬称略
氏名職業等位置付け
上野 仁摂南大学 教授学識経験者(有害物質)
大藤 さとこ大阪市立大学大学院医学研究科 准教授学識経験者(公衆衛生)
杉本 久未子元 大阪人間科学大学大学院人間科学研究科 特任教授学識経験者(社会学)
水谷 聡大阪市立大学大学院工学研究科 准教授学識経験者(廃棄物、環境影響評価)
中地 重晴熊本学園大学 教授学識経験者(環境マネジメント論、環境化学)
神谷 和代此花区公害問題対策協議会 常任理事市民代表
岩井 政人此花区地域振興会 副会長市民代表

6.一般傍聴手続き

 当部会は公開で開催します。傍聴を希望される方は、部会の開催時刻の30分前から10分前までに、直接現地にお越しください。(先着順20名まで)
 傍聴要領については、別紙のとおりです。

(別紙)傍聴要領

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

7.報道機関の取材について

  • 当部会は取材可能です。取材受付は、午後2時30分から開始しますので、事務局の指示を受けてから会場に入場してください。
  • 写真・カメラ撮影については、議事開始前(冒頭5分間程度)は自由ですが、それ以降の取材は所定の位置でお願いいたします。
  • 取材中は必ず市政記者カード又は社員証(記者証)、及び自社腕章を見やすいところに着用してください。腕章等を着用しない方の会場入場はお断りすることがありますのでご注意ください。
  • 取材中は、会議の進行の妨げにならないよう、職員の指示、誘導に従っていただきますようお願いします。

8.その他

会議要旨及び会議録については、内容を整理のうえ、後日、大阪PCB廃棄物処理事業監視部会についてのページに掲載します。

参考 PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは

 PCBは不燃性で化学的にも安定であり、熱安定性にも優れた物質で、絶縁的、熱媒体等広い用途に使用されていました。しかし、昭和43年のカネミ油症事件を機にその毒性が社会問題化し、昭和47年にPCBの製造は中止となりました。PCBの中でもコプラナーPCBと呼ばれるものは毒性が強く、ダイオキシン類の一つとされています。

参考 近畿ブロック産業廃棄物処理対策推進協議会とは

 近畿ブロック産業廃棄物処理対策推進協議会は、広域的視野に立ち、相互協力を密にし、近畿圏における産業廃棄物行政の実務の円滑な遂行につとめ、もって産業廃棄物処理対策の推進を図ることを目的として昭和59年11月に設立され、現在、近畿2府4県及び4政令指定都市、13中核市により構成されている協議会です。

探している情報が見つからない