ページの先頭です

報道発表資料 環境局所管萩之茶屋公衆トイレにおける放火による被害状況について

2020年3月12日

ページ番号:497645

問合せ先:環境局事業部事業管理課(06-6630-3221)

令和2年3月12日 14時発表

 環境局所管の萩之茶屋公衆トイレにおいて、令和2年3月10日(火曜日)午後9時13分頃に発生した小火(ボヤ)により、トイレットペーパーホルダー及びトイレブースフラッシュパネルが焼損する被害がありましたのでお知らせします。
 これによる、けが人等はありませんでした。

 現在、3基ある大便器ブースのうち1基を使用停止しています。

1 火災発生日時

令和2年3月10日(火曜日)午後9時13分頃

2 発生場所

萩之茶屋公衆トイレ(大阪市西成区萩之茶屋3-5

3基ある大便器ブースのうち1基

3 被害状況

大便器ブース内のトイレットペーパーホルダー1個及びトイレブースフラッシュパネルの一部を焼損

被害状況(焼損箇所の写真)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

4 経過

  • 令和2年3月10日(火曜日)午後9時13分頃、火災発生。
  • 同日午後9時16分頃、西成消防署員が現地を確認。すぐに消火を行った。
  • 3月11日(水曜日)午前8時26分、西成消防署から環境局事業管理課に連絡。

5 今後の対応

  • 本日中に被害届を提出する予定です。
  • 出火原因については、現在警察により調査中です。
  • 施設の補修(トイレットペーパーホルダーの取り換え及びトイレブースフラッシュパネルの修繕)を実施します。

探している情報が見つからない