ページの先頭です

報道発表資料 産業廃棄物の適正処理に関する文書の誤送付による法人情報の漏えいについて

2020年3月23日

ページ番号:498513

問合せ先:環境局環境管理部環境管理課産業廃棄物規制グループ(06-6630-3280)

令和2年3月23日 14時発表

 大阪市環境局環境管理部産業廃棄物規制グループにおいて、産業廃棄物の適正処理に関する文書(以下「通知書」という。)の送付誤りによる法人情報の漏えいがありました。

 このような重大な事態を発生させましたことを深く反省し、再発防止に努めますとともに、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねることとなったことにつきまして、深くお詫び申し上げます。

1 事案の概要

 令和2年3月19日(木曜日)にある法人(以下「A社」という。)にかかる書類が送付されてきたと、別の法人(以下「B社」という。)から問い合わせがあり、確認の結果、通知書のあて先をB社として送付したことにより、A社の法人情報がB社に漏えいしたことが判明しました。

2 判明後の対応

 法人情報が漏えいしたA社に対しては、令和2年3月23日(月曜日)に説明及びお詫びするとともに、改めて通知書を送付することをご了承いただきました。また、誤って送付したB社に対しては、令和2年3月19日(木曜日)にお詫びし、誤って送付した通知書の返送を依頼し、ご了解をいただきました。

3 漏洩した法人情報

A社に対する産業廃棄物の適正処理に関する文書

4 原因

 A社とB社は市内の同じ商号の別法人であり、宛先の確認が不十分であったため、誤って送付したことが原因です。

5 再発防止について

 環境局では、職員に対し細心の注意を払って法人情報を取り扱うよう指導してきたにもかかわらず、誤送付による法人情報の漏えいを防止できなかったことにつきまして深く反省するとともに、法人情報の慎重な取り扱いに努め、送付するすべての書類と送付先を確実に確認するよう、事務処理手順の遵守を周知徹底するとともに、指導監督の強化を図ってまいります。

探している情報が見つからない