ページの先頭です

報道発表資料 新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い「衣類」の収集を一時停止します

2020年5月19日

ページ番号:502990

問合せ先:環境局事業部家庭ごみ減量課(06-6630-3230)

令和2年5月19日 14時発表

 大阪市では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、令和2年5月27日(水曜日)から当分の間、「衣類」の収集を一時停止しますので、不用となった衣類は、ご家庭で保管していただきますようお願いします。

 本市では、ご家庭で不用となった衣類を古紙・衣類の収集曜日に収集しており、収集した衣類の大半は、再生資源事業者を通じて東南アジアなど海外に輸出することにより、リユース(再使用)されています。
 令和2年3月以降、各国で新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための移動制限措置がとられるなどの影響により、国内外で多くの中古衣類が滞留し、国内における一時保管が限界に達する可能性があったことから、4月には市民の皆さまに一定期間、衣類の排出をお控えいただくよう、お願いさせていただいたところです。
 現時点においても新型コロナウイルス感染症拡大の影響による中古衣類の滞留が続いており、各国における移動制限措置が緩和されたとしても、中古衣類の流通が制限前の状態に戻るには、相当の期間を要することが想定されます。
 当分の間、収集した衣類を適切にリユースすることが困難な状態が続く見込みとなっていることから、本市における「衣類」の収集を一時停止します。

 衣類の収集を再開する際は、改めてお知らせします。

 なお、「古紙」は、これまでどおり収集します。皆さまのご理解とご協力をお願いします。

衣類の収集停止期間

令和2年5月27日(水曜日)から当分の間

探している情報が見つからない