ページの先頭です

報道発表資料 令和2年度大都市減量化・資源化共同キャンペーンを実施します

2020年9月25日

ページ番号:513488

問合せ先:環境局 事業部 家庭ごみ減量課(06-6630-3230)

令和2年9月25日 14時発表

同時資料提供:各政令指定都市記者クラブ、東京23区記者クラブ

 大阪市では、国が定める3R推進月間(注)である10月に、本市以外の19政令指定都市及び東京23特別区と連携して「大都市減量化・資源化共同キャンペーン」を実施します。

 この事業は、ごみの減量化・資源化の推進は継続的に取り組まなければいけないとの共通認識に基づき、大都市が連携して「ごみの減量化・資源化」に対する市民・事業者の意識啓発を図ることを目的として平成4年度から実施している事業で、本年度で29回目となります。

(注)3R推進月間とは
 循環型社会を形成する上で、国民一人ひとりの3R(廃棄物等の発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル))の推進に関する理解を深め、循環型社会の形成に向けた取組をより一層推進しようとするものです。

キャンペーンの概要

1 実施期間
令和2年10月1日(木曜日)~令和2年10月31日(土曜日)
2 取組内容

 期間中に大阪市の公共施設等において、再生紙を使用したオリジナルポスターを掲出します。

 また、大阪市では平成21年度から10月を「ごみ減量強化月間」とし、市民の皆さまのごみ減量意識の高揚や具体的な取組の実践を促進する期間としています。今回作成した啓発グッズ「ステンレスボトル(125ミリリットル)」は、今後、環境局が開催するごみ減量・リサイクルに関するイベント等において配布し、より多くの方に3RをPRしていきます。

3 使用媒体
  • ポスター
    全国で18,220枚(うち大阪市 800枚) 
  • ステンレスボトル
    全国で21,000個(うち大阪市 1,000個)
(1)ポスターについて

 今回のメッセージキャラクターは、男女を問わず絵本やテレビアニメで慣れ親しんだ世代を中心に、圧倒的な認知度を誇る「バーバパパファミリー」です。

 どんなものにでも変身できる不思議な生き物のバーバパパファミリーが、動物や自然とのびのびと暮らす毎日。 地球に変身したバーバピカリに、美しい緑色をペイントするバーバモジャの様子を、パパとママがやさしく見つめています。 ここに描かれているキレイな地球こそ、わたしたちがみんなで育てていく「ごみを出さないクリーンな未来」の姿です。 3つの「R」に変身したバーバパパファミリーの姿は「暮らしのカタチを変えること=ライフスタイルの見直し」を想起させ、 ごみの減らし方をユーモラスに伝えます。 仲良しのバーバパパファミリーのように、みんなが家族や仲間と一緒に3Rに取り組める社会への願いを込めています。

キャッチコピー:「3Rで描こう!ごみを出さない美しい未来」

ポスター(3Rで描こう!ごみを出さない美しい未来)
(2)啓発グッズについて

 使い捨てプラスチック等の排出量削減が期待できる「ステンレスボトル(125ミリリットル)」です。廃棄物等の発生抑制(リデュース)を広く啓発していきます。

ステンレスボトル(125ミリリットル)
4 ポスターの主な掲出場所
5 製作事業費

20,369,800円(内、市費970,000円)

6 事業主体

令和2年度大都市減量化・資源化共同キャンペーン実行委員会
(各都市ごみ減量化・資源化担当課長で構成)

7 キャンペーンエリア

 大阪市・札幌市・仙台市・さいたま市・千葉市・東京23特別区・横浜市・川崎市・相模原市・新潟市・静岡市・浜松市・名古屋市・京都市・堺市・神戸市・岡山市・広島市・北九州市・福岡市・熊本市

令和2年度大都市減量化・資源化共同キャンペーン

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない